キブシ で吸蜜する カバキリガ

キブシカヴァ

【 カバキリガ Orthosia evanida 】

日付が変わる頃、[ キブシ ] に集まる「キリガ」を撮りに行った。
先日の様に、[ シロヘリキリガ ] や [ チャイロキリガ ] に混ざり、【 カバキリガ 】 が見られた。
比較的大型で美しい本種は [ キブシ ] に映えていた。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅲ の マルチセレクター は、AFロックと違い、ピント位置を変えることができるので、ソレを使いAF位置を変えながら撮影した。
時々ピントが抜けることはあるが概ね考えていた通りに使え、快適な撮影となった。

高感度耐性は変わっていない様な事が書かれている事が多いが、ISOを上げてもほとんどノイズが分からないように私には思えた。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark-Ⅲ + M.ZUIKO 300mm F4 + Nissin i40   神奈川県川崎市 i

シロヘリキリガ 神奈川県

シロヘリキブシ

【 シロヘリキリガ Orthosia limbata
種小名はラテン語で「丸みを帯びた」の意。
この、OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ で初めて撮った「虫」も 【 シロヘリキリガ 】 であった。
早春に咲く、[ キブシ ] に吸蜜に来る「キリガ」を撮りたい。と、思っていた。
なかなか、夜間に辿り着ける [ キブシ ] が見つからず、叶わないでいたが・・・・・
今日、目の前にぶら下がっている [ キブシ ] を見つける事が出来た。
すると、次は「キリガ」である。
最初に見つけたのは、[ アトジロエダシャク ]。「いや、君ではない。。。」
と・・・・・飛んでくる「蛾」が数頭見えた。「止まれ!」念ずると・・・・・
「キブシにシロヘリキリガ」の写真が撮れた。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + Nissin i40   神奈川県川崎市 i


フチグロトゲエダシャク 孵化幼虫

フチ初齢

【 フチグロトゲエダシャク Nyssiodes lefuarius 】
2月24日に撮影した、【 フチグロトゲエダシャク 】 の♀から採卵した卵が昨日9日に孵化した。
まだ、ホクロの様に小さく、ピントを取るのもママナラナカッタが、ナントカ撮影成功。
画像は相当にトリミングしてある。
現在(昨年も)、[ ヨモギ ] の葉を与えている。4頭が先行して「孵化」したが、他の卵も孵るだろうか。
トリアエズは、来年も「フチ撮り」が出来そうである。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅲ + M.ZUIKO 60mm Macro + Nissin i40   自宅にて

オカモトトゲエダシャク ♀  神奈川県

オカモト♀

【 オカモトトゲエダシャク Apochima juglansiaria 】♀個体である。
昨日、Y Fild で偶然見つけた。最初は死んでいるのか。と思ったが、動いた。。。
♂個体である。と疑いもしなかったので、♀個体と分かった時には正直驚いた。
何せ・・・・・初の♀個体である。。。
「翅」の雰囲気や色味が少し薄いかな。と、思った。
下水溝に落ちそうになっていたトコロを見つけたので、
手近にあった [ ケヤキ ] に止まらせたのだが、
樹皮の色と 【 オカモトトゲエダシャク 】 の体色がよく似ているので少し撮りづらかった。
因みに、「深度合成モード」でも撮ったが、樹皮にまでピントが合ってしまう為
【 オカモトトゲエダシャク 】 が同化してしまい使えない写真となった。。。


OLYMPUS Tough TG-6 + FD-1   神奈川県 川崎市 Y

チャイロキリガ  神奈川県

アセビ茶色

【 チャイロキリガ Orthosia odiosa 】
[ アセビ ] の花が満開になり、色々な「蛾」が訪れていた。
その中でも特に多く感じたのが、【 チャイロキリガ 】 が多く感じた。
【 チャイロキリガ 】 は [ アセビ ] の花が好きなのかもしれない。
今夜はよく見られる種が多かったが、個体数が多く楽しめた。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅲ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40  神奈川県川崎市 i