ヤマトタマムシ 神奈川県

タマムシ

【 ヤマトタマムシ Chrysochroa fulgidissima
「裏山」で ゼフィルス を探していると、上から降ってきた。。。
標準和名は「タマムシ」だが、他の「タマムシ科」の種と紛らわしいので「ヤマト」が冠される事がある。
これは、他の昆虫種にもママあり・・・・・
ゲンゴロウ は、「ナミゲン」。アゲハも「ナミアゲハ」。などがあり、
ミドリシジミ に至っては、「タダミドリ」と呼ばれる始末・・・・・
何だか嫌いなので、全て「ヤマト」を冠しませんか。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40   神奈川県川崎市「裏山」

アカガネサルハムシ 神奈川県

アカガネサルハムシ

【 アカガネサルハムシ Acrothinium gaschkevitchii
この虫がカナブン位の大きさならば・・・・・ずっと、そう思っている。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + Nissin i40                             神奈川県横浜市 Z

キイロトラカミキリ 神奈川県

キイロトラ

【 キイロトラカミキリ Demonax notabilis
ゼフィルス撮影の合間に、「裏山」を覗いた。「裏山」でもゼフィルス は見られる筈なのだが・・・・・今年は未だ。
クヌギの粗朶に居たのは、【 キイロトラカミキリ 】。
この季節になると、ゼフィルス ばかりを追っているが・・・・・実は他にも魅力的な虫が発生しているのだ。
その日に撮った「虫」を時系列にしてでも写真をたくさん掲載した方が良いのか。と、思う事間々アル。
が、やはりスタイルは崩さずに1日1種(⇦どこかで聞いたフレーズだな・・・)を掲載するに留めようと思う。
さて、明日から6月である。「ゼフィルス強化月間」のスタートである。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40                          神奈川県川崎市「裏山」

ジンガサハムシ 神奈川県

ジンガサハムシ

【 ジンガサハムシ Aspidomorpha indica

私の行くフィールドでは、確実に数が減っていた。
昨日書いたが、国内外来種の 【 ヨツモンカメノコハムシ 】 が増えはじめたからであろう。
初夏になると、この金色の虫を探す事が一つの喜びとなっていた。
しかし・・・・・数が少ない・・・・・
私の行くフィールドでは両種のホストである、「ヒルガオ」が意外と少ないのである。
どうか、何時までも見る事ができる虫であってほしい。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + Nissin i40    神奈川県横浜市 Z

ヨツモンカメノコハムシ 神奈川県

ヨツモン

【 ヨツモンカメノコハムシ Laccoptera quadrimaculata

沖縄県以南に生息している筈だった、【 ヨツモンカメノコハムシ 】 が北上を続け、神奈川県内でも確認されていたが、
実際に見たのは、今年になってからである。
サツマイモの害虫だそうで・・・・・ある。
それよりも深刻なのは、在来の [ ジンガサハムシ ] のホストである、「ヒルガオ」を食べている事である。
【 ヨツモンカメノコハムシ 】 は、[ ジンガサハムシ ] よりも一回り体が大きい。
この事が、[ ジンガサハムシ ] の発生に影響しない筈もなく・・・・・
[ ジンガサハムシ ] の数が少ない様に思われた。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + Nissin i40   神奈川県横浜市 Z