アシマダラアカサシガメ 神奈川県

AMASG
【 アシマダラアカサシガメ Haematoloecha rubescens
神奈川県のレッドデータブックでは横浜市の一例以外に発券例がないという。
多くはないが、1年に2〜3度はみる虫。
ビビッドな赤が眩しい虫。
同属他種同様、ヤスデ類を捕食する。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 深度合成モード     神奈川県川崎市 i

オビマルツノゼミ と クヌギカメムシ 神奈川県

オビマルクヌギ

【 オビマルツノゼミ Gargara katoi 】 と 【 クヌギカメムシ属の一種 Urostylis spp.

[ コナラ ] の蘖には 【 クヌギカメムシ属の一種 】 に含まれる、「幼虫」が見られた。
が・・・・・【 オビマルツノゼミ 】 の「幼虫」は、[ フジ ] には見られなかった。
柵を見ていると・・・・・2頭が鉢合わせ。次のカットは 【 クヌギカメムシ 】 が通り過ぎていた。
【 オビマルツノゼミ 】 は是非とも [ フジ ] の木で撮りたかった。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市「裏山」

ヒゲナガサシガメ 神奈川県

ヒゲナガサシガメ


【 ヒゲナガサシガメ Endochus stalianus




                                 神奈川県川崎市

続きを読む

ミミズク 神奈川県

ミミズク

【 ミミズク Ledra auditura
フクロウの一種である [ ミミズク ] ではなく、昆虫の 【 ミミズク 】 である。
種小名の意味を調べてみたが、ルーマニア語に「監査」という意味があるだけであった。
オソラク、別の意味であると思われる。。。

探してミツカル虫デハナク、偶然見つかる程度の虫である。
[ クヌギ ] や [ コナラ ] の枝から汁を吸って生きている。

「成虫」になると耳状の突起が出来、ソレが [ ミミズク ] に似ているから。な標準和名の様である。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO + STF-8