ミンミンゼミ 神奈川県

ミンミンゼミ羽化

【 ミンミンゼミ Hyalessa maculaticollis
帰宅後、「そろそろな筈」と・・・・・「裏山」を登る。
早速、「シラカシ」の幹を登る個体を発見。30分後・・・・・始まった。
ほぼ全ての昆虫を「美しい」と思う私の中でも特に「美しい」と思わされるのが、「セミの羽化」。
木の幹を登る「幼虫」でも「触角」の配列などで種を見分ける事はできる。
が・・・・・そんな事をしなくとも、30分待てば良いのである。
はたして・・・・・
翅が透けて見える・・・・・【 ミンミンゼミ 】 であった。
この美しさをそのまま表現できない事が残念である・・・・・。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE + FL-700WR    神奈川県川崎市「裏山」

アヤヘリハネナガウンカ 神奈川県

アヤヘリハネナガウンカ

【 アヤヘリハネナガウンカ Losbanosia hibarensis

幼虫期の生態が未だに解っていないグループ。「キノコ類」を摂取しているらしいが、幼虫を見た事はない。
私も毎日何某かの「虫」を見て、撮っているが・・・・・3年に1度程度しか見られない種。
過去、生態写真を撮るよりも早く「手」が出てしまった種。。。
白バックで撮ったが、黒バックの方が「彩縁」の雰囲気が出るようだ・・・・・失敗。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 深度合成モード   神奈川県川崎市「自宅」

アシマダラアカサシガメ 神奈川県

AMASG
【 アシマダラアカサシガメ Haematoloecha rubescens
神奈川県のレッドデータブックでは横浜市の一例以外に発券例がないという。
多くはないが、1年に2〜3度はみる虫。
ビビッドな赤が眩しい虫。
同属他種同様、ヤスデ類を捕食する。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 深度合成モード     神奈川県川崎市 i

オビマルツノゼミ と クヌギカメムシ 神奈川県

オビマルクヌギ

【 オビマルツノゼミ Gargara katoi 】 と 【 クヌギカメムシ属の一種 Urostylis spp.

[ コナラ ] の蘖には 【 クヌギカメムシ属の一種 】 に含まれる、「幼虫」が見られた。
が・・・・・【 オビマルツノゼミ 】 の「幼虫」は、[ フジ ] には見られなかった。
柵を見ていると・・・・・2頭が鉢合わせ。次のカットは 【 クヌギカメムシ 】 が通り過ぎていた。
【 オビマルツノゼミ 】 は是非とも [ フジ ] の木で撮りたかった。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市「裏山」

ヒゲナガサシガメ 神奈川県

ヒゲナガサシガメ


【 ヒゲナガサシガメ Endochus stalianus




                                 神奈川県川崎市

続きを読む