ミナミトゲヘリカメムシ 神奈川県

ミナミトゲ

【 ミナミトゲヘリカメムシ Paradasynus spinosus
風が強い。台風の様だ。案の定・・・・・虫が少ない。。。
本種は南方系の種でコレまた見かける様になったのは10年以内の事である。と思われる。
[ クスノキ ] をホストとし、落果する秋頃には、実と共に幼虫が地面に落ちているのを見られる。
臭いと思った事はないのだが・・・・・匂いを嗅いだ覚えもない。
ミントグリーンの別の虫を探している筈ナノダガ・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ M.ZUIKO 60mm Macro +STF-8     神奈川県川崎市 i

ヒゲナガサシガメ 神奈川県 

ヒゲ

【 ヒゲナガサシガメ Endochus stalianus 】
すっかりお馴染み感があるが、見かける様になったのはホンノ数年前である。
日中のフユシャク探しは当たらないことが多いが、周りの環境やその他の昆虫を観察する意味では意義深い。
この個体は、木柵の継ぎ目のプレート上に居た。
風が台風の様に強いが、日没後のフユシャク探しに影響しなければ良いのだが・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8     神奈川県川崎市 i

プラタナスグンバイ 神奈川県

Pgunnbai

【 プラタナスグンバイ Corythucha ciliata
[ プラタナス Platanus スズカケノキ ] を宿主とする半翅目の昆虫。
明治後期に植樹された [ プラタナス ] だが、【 プラタナスグンバイ 】 は 2001年に名古屋で発見されたそうだ。
随分と長いタイムラグがあるものだ。。。
英名では、Lacebug。レースの織物の様であることから名付けられた。
深度合成モードで撮ったが、TG-シリーズの使い方としては最もハマる使い方では無いかと思った。
OLYMPUS Tough TG-6 LEDライトガイド LG-1 使用 深度合成モード  神奈川県川崎市 Y

ヨコバイの一種 神奈川県

aino

Agnesiella aino 】 と思われる種。標準和名は無い。
A.aino 】 だとすると5年ぶりくらいの撮影になる。
以前は「裏山」でも見られたが、ホストと思われる [ ウコギ科 ] の植物を駆逐され見られなくなった。
この辺の [ ヒメヨコバイ類 ] に凝っていた頃がある。
当時は、標準ズームの「前玉」を外した「改造マクロもどき」を使い大きく撮っていたものである。
今は、面倒くさいので・・・・・普通に「マクロレンズ」で・・・・・

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR    神奈川県川崎市 HTSK

ヒゲナガサシガメ 神奈川県

ヒゲ

【 ヒゲナガサシガメ Endochus stalianus 】
冬の手すりの定番種。となったが、実際に見られる様になったのは数年前。。。
「冬尺蛾」を探したが、まだ♀は出ていなかった。
[ ウスタビガ ] も終わってしまったし、この端境期が一番辛い。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8  神奈川県川崎市 i