シロスジベッコウハナアブ 神奈川県

シロスジベッコウハナアブ

【 シロスジベッコウハナアブ Volucella tabanoides 】
ベッコウハナアブの仲間は、スズメバチ類の巣に寄生するという。
巣の最下段で食べ残しや弱った幼虫などを食べて育つそうだ。
どうやって巣に潜り込むのか・・・・・想像すらできない。
面白いモノがいる・・・・・ソレが双翅目だ。

OLYMPUS OM-D E-M1MarkⅢ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40   神奈川県川崎市 i

アリスアブ  東京都

allis

【 アリスアブ Microdon japonicus

毎日撮影には行けないので・・・・・昨日の写真から。。。
3Z Fild で3種目の [ アリスアブの仲間 ] を見つけた。
今度の個体は、無印の 【 アリスアブ 】 の様である。
1つのフィールドに3種の同族の虫が見られることは、その多様性を垣間見る様で楽しい。
【 アリスアブ 】 は、[ トビイロケアリ ] を宿主としているそうで、
先に掲載した2種の [ アリスアブの仲間 ] もナンラカの「アリ」を宿主としている筈。
であれば、「アリ類」の多様性にも富んでいる。ということになろう。

トアル「アリ」の巣も見つけてあるが、ソコに第4の「アリスアブ」が訪れるかは謎である・・・。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + Nissin i40  東京都町田市 3Z

黒いアリスアブ 東京都

AllisSP

【 アリスアブ属の一種 Microdon sp.
早朝から Z Fild へゆく。オレンジ色の奴はまだ出ていない。。。
アリスアブを見つけた。追って行くと・・・・・黒い。いつもとは違う奴だ。
偶にある事だが、同じ個体を追ううちに逃げなくなる事がある。
この個体も追ううちに逃げなくなって、しまいには指先に乗った。
飛翔写真も撮っていたのだが・・・・・微ブレしてしまう。
チョウの飛翔写真にはブレが必要だと思うのだが、アブの飛翔写真にブレは必要ないと思う。
帰宅後、[ アリの巣の生き物図鑑 ] で調べてみたが、該当すると思われる種は載っていなかった。
撮影中や移動中に同種と思われる他個体も見る事ができた。
アリスアブ・・・・・面白いのだが・・・・・種が分からないと始まらない・・・・・

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + Nissin i40  東京都町田市 3Z

アリスアブ属の一種  東京都

alis

【 アリスアブ属の一種 Microdon spp.
朝の用事を済ませ、Z Fild へ。オレンジ色の奴 はまだ出ていない様子。

まるで、一斉に羽化したのか。という位、本種が沢山見られた。
さて、このグループは非常に見分け難い。専門にしている方なら簡単なのであろうが、
「幼虫」も未だ見つけられていない私如きには見分けなど出来ない。
で、本種であるが・・・・・
[ キンアリスアブ Microdon auricomus ]と[ コマチアリスアブ Microdon murayamai
が、近縁種だけあって非常に見分け難い(というか、違いが分からない)。
ので・・・・・【 アリスアブ属の一種 Microdon spp. 】 というトコロにしておく。。。

OLYMPUS OM-D E-M1MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + Nissin i40  東京都町田市 3Z

追記:アカボシゴマダラ春型 初認 「裏山」
   ラミーカミキリ 初認 3Z

ベッコウガガンボ 神奈川県

鼈甲GGMB

【 ベッコウガガンボ Dictenidia pictipennis
何の工夫もせずに撮影してしまった・・・・・。
「触角」が櫛状なので、♂である。
TG-6 での撮影に行き詰まっている。。。
如何使ったら、塗り絵の様にならずに撮れるのか?
この位大きな虫なら平気である。1cm 以下の小さな虫が撮れない・・・・・。
嗚呼、難しい・・・・・。

OLYMPUS Tough TG-6 + FD-1   神奈川県川崎市 Y