ミドリハガタヨトウ 神奈川県

ミドリハガタヨトウ

【 ミドリハガタヨトウ Meganephria extensa
さてどうしよう。糖蜜も撒いていないし、「裏山」のカキ畑も期待できそうにない。。。
シカタナシ・・・・・ルッキングで探すしかなさそうだ。。。
少しだけ咲いている、[ サザンカ ] の八重咲品種には、[ スギタニモンキリガ ] が・・・・・
しかし、先日掲載したばかりだし、変わったシチュエーションでもない・・・・・
樹液の出ている樹を中心に、外柵なども見て歩く。外柵にいたのは・・・[ ノコメトガリキリガ ]。
この種も先に掲載したばかり・・・・・

と、足元の落ち葉上で赤く光るモノが・・・・・
【 ミドリハガタヨトウ 】。[冬夜蛾 類] と比べると、二回りは大きいか。
「緑」と標準和名にあるが、ホトンド「緑」は目立たない。。。
種小名は、ラテン語で [ 拡張 ] を意味する。
初めて見る「冬夜蛾」と間違え、小躍りしたのは内緒である。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO + Nissin i40  神奈川県川崎市

キマエキリガ 神奈川県

キマエキリガ

【 キマエキリガ Hemiglaea costalis
「裏山」へ糖蜜を撒きました。ホトンドは、[ ノコメトガリキリガ ] が多く・・・・・
1周目は特にヨイ虫は撮れず・・・・・2周目・・・・・撮れず。。。
帰る前に・・・・・覗いた糖蜜ポイントに・・・・・「居たっ!!」

【 キマエキリガ 】 は「裏山」では特に珍しく、昨シーズンにつづき2頭目の記録。
洒落た容姿の 【 キマエキリガ 】。その種小名は、ラテン語で「肋骨」を意味します。

1879年に記載された本種ですが、未だ食草が分かっていないそうで。。。
もう少し、山に住んでいる虫だと思っていたものですから嬉しい再会でした。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO + Nissin i40 神奈川県川崎市


ウスタビガ 求愛 神奈川県

ウス求愛

【 ウスタビガ Rhodinia fugax
未明から 【 ウスタビガ 】 詣り。
♀個体が飛んで来るモノの、既交尾個体ばかりでルアーにならなさそう。
[ ヒメヤママユ ] も1頭飛んできたモノの、♂個体。
だんだんと、夜が白んでくる。すると、♂個体が活発に街灯めがけて飛来を始める。
手元に採り置いた、♀個体には♂が向かってこないので、背の届かない街灯に飛んできた♀を狙う。
すると、カワルガワル♂個体が飛来。しかし、こちらから♀個体の位置が確認しづらい。
それでも、1頭の♂個体がメスにたどり着き・・・・・交尾体勢に。
ナントカ、位置を変えながらシャッターを切った1枚。
今週中にあと2回見に行けるが、狙いのシーンは撮れるのか?

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + Nissin i40 神奈川県川崎市

オオカマキリ 神奈川県

オオカマキリ

【 オオカマキリ Tenodera sinensis
【 オオカマキリ 】 の種小名は、【 aridifolia 】 と記憶していたのだが、いつの間にか変わったようだ。
「中国の~」を意味する【 sinensis 】。もう少し捻りの効いた意味ならよかったのだが・・・・・

オソラク、「野生種(原種)」と思われる [ サザンカ ] の花へ吸蜜に訪れた [ ノコメトガリキリガ ]。
ソコで待ち伏せていたのが、【 オオカマキリ 】。電光石火「蟷螂之斧」は振り下ろされた。
花で待ち伏せる [ カマキリ類 ] は、間々見る事もあるが、夜の始まりに待ち伏せているのを見たのは初めて。

数ある「冬夜蛾」の中でも、此処では [ ノコメトガリキリガ ] を殆ど見ない。

OLYMPUS Tough TG-6 + FD-1

ムネアカセンチコガネ 神奈川県


【 ムネアカセンチコガネ Bolbocerosoma nigroplagiatum 】
種小名は、ラテン語の『nigro』が黒を意味し、そのあとの『plagiatum』を調べてみると、
ロシア語の「盗作」という意味が出て来た。
川崎市北部と隣接する東京都下では見た事があったが、川崎市で見たのは初めて。
折角なら生きている個体が良かったが・・・
糞虫にカテゴライズされるが、特定の菌類を食べている様である。
次は生きた個体を・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO + Nissin i40

ウスタビガ 神奈川県

ウスタビガ2

【 ウスタビガ Rhodinia fugax
休みの日の未明な時間帯は夜な夜な「蛾撮り」な時間帯。
まだ、[ ヒメヤママユ ] が見られるか。と、思ったが・・・・・終わってしまったのか、ミラレズ。
月齢が良すぎるので、「冬夜蛾」も疎ら・・・・・
その中でも好きな [ ケンモンミドリキリガ ] 等を撮りつつ、本命を待つ。
街灯に1頭の [ ヤママユガ ] が飛んでいるのが見える。
急いで駆けつけるもロスト・・・・・誰だかもワカラズ・・・・・

再び現れたのは、30分を超えた頃。。。
【 ウスタビガ 】 の♀個体。。。
♀のフェロモンルアーに期待すべく、街灯近くの [ サクラ ] の樹に止まらせる。

シバラクして、別の街灯に [ ヤママユガ ] の気配。
♂個体であった・・・・・が、すぐに [ ジョロウグモ ] の巣にかかり・・・・・餌食に・・・・・

結局、フェロモンルアーは効果を発揮せず・・・・・
既に、産卵をしている様な「腹」をしていたので、「交尾」済の個体ではルアーになり得ないのかもしれない。

これから、10日位はまだ楽しめるであろう 【 ウスタビガ 】 の世界に後ろ髪(長い)を引かれながらも帰宅。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO + Nissin i40

スギタニモンキリガ 神奈川県

スギタニモンキリガ

【 スギタニモンキリガ Sugitania lepida
幼虫は。[ ツバキ ] の花を食べて育ちます。蕊しか食べないのか。と、思ったら・・・・・
花弁も食べるそうで・・・・・。卵は、萼に産みつけられます。
さて・・・・・明日が休日なので、今宵も「蛾撮り」に行きます。
目当ては [ ヒメヤママユ ] の「交尾」。
もしくは、[ ウスタビガ ] の探雌行動。
このどちらかを狙いたいと思っています。

【 スギタニモンキリガ 】 に話を戻すと・・・・・
種小名は、ラテン語で「エレガント」の意。
文字どおり「エレガント」な種です。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO + Nissin i40 

ケンモンミドリキリガ 神奈川県

ケンモンミドリキリガ

【 ケンモンミドリキリガ Daseochaeta viridis
苔擬態の美しい種。これが普通種だと云うのだからタマラナイ。
種小名は、「緑」の意。そのまんまである。。。
食草の一つに [ チドリノキ ] ナルモノがある。
今年、ようやく奥多摩散策中に [ チドリノキ ] とプレートを着けた樹に出会った。
それ以後、気にしているのダケレド、[ チドリノキ ] は見つからない。
此処では、もう一つの食草である [ ヤマザクラ ] を食べて育っているのではないだろうか。
少し、自然度の高い場所に生息していると思う。
この晩秋に2週間程度しか見られないのが寂しいかぎり。。。
え~~~~っと、撮影はそのまま撮っただけ・・・・・
も少し、工夫して撮らなければ。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO + Nissin i40

ウスタビガ

ウスタビガ

【 ウスタビガ Rhodinia fugax
満月の夜は虫が街灯に来ない。
と、よく言われますが・・・・・行ってきました。虫撮りに。。。
[ ヒメヤママユ ] の♀狙いです。
「やっぱり居ないのか・・・」そんな事を思いながら街灯を見てゆきます。
1本の水銀灯の下を [ ヒメヤママユ ] が飛んでいます。
が・・・・・アッという間にロスト・・・・・

全て(といっても数本)の水銀灯を見回って最初の水銀灯へ戻ると・・・・・
黄色味の強い・・・・・「あ、ウスタビガ・・・・・」
成虫の発生は来週と思っていたものですから、脳内同定が定まりません。

晩秋を意識させる種で、冬の始まりを感じさせる種です。
この種が終わると・・・・・いよいよ冬本番。
少し寂しい感じもしますが、やはりヨイ蛾です。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 12mm F2.0 + Nissin i40  神奈川県川崎市

セイボウ科の一種 神奈川県

セイボウ

【 セイボウ科の一種 Chrysididae 】
職場の倉庫で見つけました。
綺麗なグループですが、私・・・・・縁が薄いです。。。
多くは他種のハチに寄生して生活しているそうです。
死んでいるモノを見つけたので、埃がついています。
意外と針が長いのですね。
生きた姿を撮ってみたい虫です。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO 神奈川県川崎市