ブナキリガ  神奈川県

buna

【 ブナキリガ Orthosia paromoea
やっと、【 ブナキリガ 】 である。
我家周辺では昨日掲載した [ シロヘリキリガ ] が最後の事が多いのだが、やっと撮れた。。。
残りはあと一種。あと一種で「裏山冬夜蛾」コンプリートである。
種小名は、ギリシア語で「似て」の意か?
なかなかシックな種である。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅲ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40   神奈川県川崎市 i

シロヘリキリガ  神奈川県

早くも シロヘリキリガ が出現。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅲ 初撮り。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅲ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + Nissin i40 神奈川県川崎市 「裏山」


クロテンキリガ  神奈川県

w

【 クロテンキリガ Orthosia fausta
「裏山」の[ ヤブツバキ ] に2頭の「キリガ」が来ていた。
下が 【 クロテンキリガ 】、上が [ ホソバキリガ ]。
【 クロテンキリガ 】 の種小名は、ラテン語で「ラッキー」の意。縁起のヨイ虫だ。
21日に掲載した、我家の表札に止まった [ オカモトトゲエダシャク ] が、5日目を迎えた今日も止まっている。
活動をしなければ、長生きするのだろうか。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40

キタキチョウ  神奈川県

kitakiPr.

【 キタキチョウ Eurema mandarina
2日前に撮影。この日は非常に暖かく、[ モンシロチョウ ] も初認した。
種小名はスペイン語で「ミカン」の意。
成虫で越冬し、春早い時期から動くものの、流石にこの時期の交尾は初めて見た。

OLYMPUS Tough TG-6 + FD-1  神奈川県川崎市 Y

フチグロトゲエダシャク 交尾  東京都

futiPr.

【 フチグロトゲエダシャク Nyssiodes lefuarius
快晴。多摩川へ突撃。
採集者や撮影者がいる中、辺蟲憐さんにお会いした。
2人分、4つの目で探す。
が・・・・・飛んでいるはずの♂個体が少なすぎる。
それでも、草本の根本付近を丹念に見て回る。
1頭の♂個体が地面付近に固執したような飛び方をしている。
ソコをヨク探してみると・・・・・アザラシのような♀個体を発見。
その内に、交尾に至った。。。
あまり♂個体が飛んでいない中、♀個体を発見できたのは、辺蟲憐さんの協力があってのことと思う。
辺蟲憐さん、ありがとうございました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40   東京都国立市

シロトゲエダシャク  神奈川県

シロトゲ

【 シロトゲエダシャク Phigalia verecundaria
種小名は、ラテン語で「恥ずかしい」の意。何故・・・・・
このような模様の虫がコンクリートに止まっていると背景に溶け込んでしまう事を
「コンクリート擬態」と言ったとか言わなかったとか・・・・・
この種が出てくると、私の Fild では、フユシャクのシーズンも終わりを告げる。
いや、本当に冬が終わるのは、この種の♀を撮ってからである。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40   神奈川県川崎市 i

チャイロキリガ  神奈川県

tyairo

【 チャイロキリガ Orthosia odiosa
種小名は、ラテン語で「憎らしい」の意。何があった・・・・・
我家周辺(というか、「裏山」)では、最後に出てくる「冬夜蛾」であるが、10日以上早い。
まだ、確認していない種が 2種 いるというのに・・・・・
その 2種 は、他所では発生が聞かれている。
何があった・・・・・

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40  神奈川県川崎市「裏山」

オカモトトゲエダシャク  神奈川県

okamoto san my house

【 オカモトトゲエダシャク Apochima juglansiaria
「裏山」から自宅表札へ「オカモトさん」が訪ねてきた。
スプリングエフェメラルである。
かわいらしいことこの上ない。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + Nissin i40  神奈川県川崎市 自宅


フチグロトゲエダシャク  東京都

フチ交尾

【 フチグロトゲエダシャク Nyssiodes lefuarius
[ マイ自然散策記 ] を運営する、まいさん・オカピさん夫妻と多摩川で待ち合わせ。
【 フチグロトゲエダシャク 】 の ルアーリング。
昨夜の天気予報では、一日曇りの予報・・・・・
しかし、日頃の行いがヨイ事が幸いして、晴れ。ドッピーカンとは行かないものの晴れ。
早速、♀を [ ヨモギ ] の枯茎に止まらせると・・・・・フェロモン嚢を出す。
タイシテ待つ事もナク、♂が飛び始める。
何度かは追い払い、飛んでくる様子を撮るつもりだったのだが・・・・・すぐに交尾。
5分程度だったか・・・・・♂が離れる。
次の♂を待つと近くを飛ぶこと数回。
が・・・・・♀が茎を降り始めてしまい・・・・・撮影終了。
お互いに、撮れたようなので・・・・・解散。
ホント、晴れ間が出てヨカッタ。。。

Nikon D800 + Kenko 2xTELECON + SIGMA 10mm FISHEYE + SB-700  東京都国立市

フチグロトゲエダシャク  東京都産

フチ子

【 フチグロトゲエダシャク Nyssiodes lefuarius
昨年の3月21日、ネパールへ旅立つ日に孵化してしまったタイミングの悪い虫。
その後、幼虫の数は減ったが、10頭程が無事に蛹になった。
が・・・・・越夏・越冬が長く・・・・・羽化(全て不全)してしまったり、蛹で死んでしまったり・・・・・
暖冬の所為か、ソコココで野外からの発生確認情報が聞こえる中、無事に羽化した唯一の個体。
明日、天気は曇りだそうだが・・・・・河川敷へ行ってみようと思う。。。
カップ中で・・・・・コーリングしているし・・・・・

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 60mm MACRO   東京都国立市産