ほぼ毎日更新 日刊:虫撮り.com

ミクラミヤマクワガタ 飼育

御蔵

【 ミクラミヤマクワガタ Lucanus gamunus 】
国内繁殖個体の末裔である。今年も無事に世代を継いでほしい。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro  深度合成モード  御蔵島産 飼育
  1. 2020/03/31(火) 20:02:10|
  2. 鞘翅目
  3. | コメント:0

雪と桜 神奈川県

雪と桜

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 12-40mm PRO + Nissin i40    神奈川県川崎市
  1. 2020/03/29(日) 15:51:55|
  2. 徒然なる事
  3. | コメント:0

ギフチョウ 神奈川県

ギフチョウ

【 ギフチョウ Luehdorfia japonica

チョウ屋の必須科目である。。。
陽の射した僅かな時間に飛んでいた。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO   神奈川県
  1. 2020/03/27(金) 13:10:30|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

ヨーロッパミヤマクワガタ 飼育

EMKG

ヨウヤクと言おうか、UHS-2 の SDカード を購入した。
保存スピードが速く、深度合成モードの書き込み時間が段違いで速くなった。
オソラク、キャプチャープロモーション や ハイレゾショット でも快適な撮影ができるだろう。

【 ヨーロッパミヤマクワガタ Lucanus cervus serves 】 である。
子供の頃、志賀昆虫普及社へ行った時に初めて 【 ヨーロッパミヤマクワガタ 】 を見た。
大中小、大きさの違う3♂♂と1♀のセットだったが、頭部の大きさと赤い大顎に感動した。
当時、標本少年だったので、「何時かどいつ箱に並べる」と誓ったものである。
時代は進み、外国産のクワガタ・カブトムシが飼育できる様になった。
勿論、【 ヨーロッパミヤマクワガタ 】 の飼育を始めた。
赤い大顎は大型個体になると薄れるが、大型個体は迫力がある。
この個体は、累代飼育個体の 87mm ある個体。

クワガタ・カブトムシは男子を魅了する生き物である。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO 深度合成モード    南フランス産 飼育
  1. 2020/03/25(水) 06:07:10|
  2. 鞘翅目
  3. | コメント:0

ブナキリガ 神奈川県

ブナキリガ

【 ブナキリガ Orthosia paromoea 】
種小名はギリシア語の「似て」の意か?
「裏山」を歩くと、樹液に [ ナワキリガ ] を見つけた。
撮るよりも早く・・・・・落ちた・・・・・
その後、見つけたのが本個体。霜降り状に斑点を散りばめた美しい個体であった。
この様な変異は初めて見た。
寒くて「虫」の少ない日であったけれども、ヨイムシを見る事ができた。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 + Nissin i40  神奈川県川崎市 「裏山」
  1. 2020/03/23(月) 19:18:36|
  2. | コメント:2

コツバメ 神奈川県

コツバメ

【 コツバメ Callophrys ferrea ferrea

日本産は、基亜種にあたるそうで、他に 中国・ロシア・朝鮮半島に亜種が生息しているらしい。
幼虫は、[ アセビ ] の蕾を食べ成長する。
昨年まで撮っていた場所は [ アセビ ] が無いのに何故か本種が見られ・・・・・不思議に思っていた。
本年は、見られなかったところ・・・・・ネットマンが「蛹」を撒いている。との噂を聞いた。。。
で、見られる別のポイントへ・・・・・。
谷戸の沢沿いの道に [ キブシ ] が咲いている。数株が点在するので・・・・・行ったり来たり。
ただそれだけではツマラナイので、[ ミヤマセセリ ] を撮りながら 【 コツバメ  】 の出現を待つ。
と・・・・・青い煌めきが目に入る。が・・・・・ロスト・・・・・

何度か行ったり来たりを繰り返すうちに、[ キブシ ] の花序にとまる。
翅縁の青を撮りたいが・・・・・日照条件が合わないか・・・・・ファインダー内でも青くは見えない。
「キャプチャープロモーション」を試すも・・・・・お尻だけしか写っていないし・・・・・
ソレでも、数枚撮れた感触があった。
ソウコウしているうちに、陽が陰り・・・・・タイムアウト。。。

最後に、直前情報をくださった dfさん にお礼を申し上げます。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 + Nissin i40   神奈川県横浜市
  1. 2020/03/22(日) 15:56:06|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

Y FILD にて

オカモトトゲエダシャク


アカバキリガ
OLYMPUS Tough TG-6



  1. 2020/03/21(土) 07:41:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

アカバキリガ 神奈川県

アカバキリガ

【 アカバキリガ Orthosia carnipennis
「春キリガ」の中でも最終盤に登場する種。
種小名はラテン語で「肉の翅」の意。赤褐色の翅に黒の模様がナントモ洒落ている。
実は10年ぶり位に見た種で、常々「居る筈だよな。以前自宅前で見たものな。」
と・・・・・ブツブツ言いながら探していた所に現れた。
「キリガ(冬夜蛾)」のシーズンも終わりとなるが、最後に良い種を見る事ができた。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 + Nissin i40   神奈川県川崎市 i

  1. 2020/03/19(木) 21:15:04|
  2. | コメント:0

アゲハ を ハイレゾショット で撮る

アゲハ

【 アゲハ Papilio xuthus

ハイレゾショット で、大型のチョウを撮りたいと思った。
先日は[ ルリタテハ ] で ハイレゾショット を試せたので、今回は [ アゲハチョウ科 ] が良いと思った。
向こうから、【 アゲハ 】 が飛んできた。
スグに、足元の草叢へ止まった。そっと、息を殺し近づいた。
まずは証拠写真から・・・・・そして、ハイレゾショット。
ハイレゾショット は、16枚の画像を合成する機能。
深度合成モードの様に「ピント」を変えて撮影する訳ではないので撮影自体はスグに終わる。
しかし・・・・・手ブレにシビアである。
M.ZUIKO 300mm F4 PRO は、レンズ側にも手振れ補正機構が付いているので、
本体(Mark3)の手振れ補正機構と合わせて 7.5段 分もの手振れ補正が効く。
聞くところによると、2秒くらいならブレない。との事だ。
流石に2秒は長いが、自分の撮影時間でもファインダー内はぐらつかない。
今回も ハイレゾショット を楽しむ事ができた。

画像はクリックすると大きくなります。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4   東京都町田市 Z

  1. 2020/03/18(水) 16:53:54|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

スモモキリガ 神奈川県

スモモ交尾

【 スモモキリガ Anorthoa munda 】

昨日は [ シロヘリキリガ ] の「交尾シーン」を掲載。
今日は 【 スモモキリガ 】 の「交尾シーン」を観撮した。
だいぶんスレていますが、春早い時期から活動を始める種。
昨日も書きましたが、私的に「キリガ」の「交尾シーン」は年に1度くらいしか出会わない。
今年は2種である。。。

さて、このフェンス、不思議な事に「キリガ」が付いている事がある。
というか、付いてイナイことの方が少ない。。。
ソコで「コーリング」〜「交尾」に至ったのであろう事が想像される。
【 スモモキリガ 】 は様々な樹種の葉を食べて成長するが、
当地では [ クヌギ ]・[ コナラ ] を食べて育っているのであろう事が推察される。

そろそろこの種のシーズンも終わるであろうが、来年も安定して見られる種であろう。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 12mm-40mm F2.8 PRO + Nissin i40  神奈川県川崎市「裏山」
  1. 2020/03/17(火) 19:58:06|
  2. | コメント:0
次のページ

Orchis。

Orchis。

Author:Orchis。
メクルメク虫撮りの世界へようこそ

カテゴリ

チョウ (108)
ガ (217)
膜翅目 (15)
鞘翅目 (34)
蟷螂目 (6)
竹節虫目 (1)
半翅目 (22)
未分類 (8)
双翅目 (9)
蜻蛉目 (7)
徒然なる事 (6)
ラン科 (12)
脈翅目 (5)
直翅目 (6)
クモ目 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

訪問者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR