depression

 depression が発症しました。
少しの間、お休みをいただきます。
          Orchis。

アヤヘリハネナガウンカ 神奈川県

彩縁黒

【 アヤヘリハネナガウンカ Losbanosia hibarensis 】
貯木場にて「ハネナガウンカ類」を探していたが、この死んだばかり。と思われる個体がみつかった。
その場でも撮ったのだが、「死んでる感」は否めない。。。
ならば・・・・・と、前回掲載時に行わなかった「黒バック」撮影を行った。
昆虫の様に小さいモノは「布」を使うとその織り目や繊維が写ってしまう。
そこで「黒バック」に用いたのが、「iPhone 8」。概ね良好であった。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市 i 産 自宅撮影

ウラギンシジミ 神奈川県

ウラギン

【 ウラギンシジミ Curetis acuta
哺乳類の小さな糞へ寄ってきた。キラキラと飛んで楽しげに見える。。。
OLYMPUS Tough TG-6   神奈川県川崎市 Y

ヤママユ 神奈川県

ヤママユ♂

【 ヤママユ Antheraea yamamai yamamai
苦節3年。念願の地元産ヤママユでアル。
昼頃から用事があるので、朝練に行くと・・・・・
カメラすら手に持たずに・・・・・散策。コレでは撮れる訳がない。。。
改めて、2周目。擬木柵を丹念に見て行くと・・・・・一瞬、タジロイダ。。。
ナント、【 ヤママユ 】 が鎮座しているではないか!!
スグサマ、カメラとレンズを取り出す。証拠撮影をしてのち、突いて「眼状紋」を見せてもらう。
あ・・・・・飛んだ・・・・・が、スグに墜落。ソコで撮影。
その後、水銀灯の周りを跳び始めたので飛翔写真を撮ろうとするも・・・・・ロスト。
完品デアル。ひとときの夢の様な時間であった。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE + FL-700WR   神奈川県川崎市 i

ビロードハマキ 神奈川県

ビロード

【 ビロードハマキ Cerace xanthocosma
種小名は「黄色い星空」の意。白壁に止まっていた。非常に美麗な種。
見つけると、ちょっと嬉しくなる虫。
OLYMPUS Tough TG-6  神奈川県川崎市 Y

ツマグロヒョウモン 神奈川県

ツマグロキコスモス

【 ツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius 】

先日は、[ マツムシソウ ] で吸蜜する♀個体を掲載したが、本日は [ キバナコスモス ] で吸蜜する♂個体。
此処、Y-Fild は私の子供の頃からの遊び場。デアル事は以前も記したが、勿論 【 ツマグロヒョウモン 】 はみられなかった。
子供の頃の図鑑には、「近畿地方より西」で見られる旨書いてあった。
が・・・・・2000年頃より、地元でもみられる様になったのだ。
「ヒョウモンチョウ類」の見分けがあまり得意ではない私でも、この種はワカル。。。
図鑑でしかみられなかった種をフィールドで見た時(既に見られる情報はアリ)、ナントモ不思議な気分であったことを思い出す。
何時に間にか、最も見やすい「ヒョウモンチョウ」になった本種。
この、キバナコスモスの花壇では、一番威張っている様に見えた。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO12-40mm F2.8 PRO + FL-700WR  神奈川県川崎市 Y

クマバチ 神奈川県

キバナコスモスくま

【 クマバチ Xylocopa appendiculata circumvolans
Y-Fild で「キバナコスモス」の群落(植栽)に気がついた。
長らく通っているのに・・・・・知らなかった。。。
で・・・・・カメラを持ち、ウロつく。。。
「キバナコスモス」は多くの昆虫を呼ぶ「花」を咲かせる。
今日は、【 クマバチ 】 を追ってみた。しばらく通いそうである。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市 Y

カンタン 群馬県

カンタン
【 カンタン Oecanthus longicauda
昨日の画像から、忘れてはならないシーンを。
「ミズナラ」の実生木の葉裏で見つけた【 カンタン 】 は、♂の翅の下に♀が頭部を差し込んでた。
この行動・・・・・近似種が行っている写真を図鑑で見たので、比較的頻繁に行われる行動なのであろうと思う。
では、どの様な意味があるのか・・・・・
私には、鳴いている♂個体に引き寄せられた♀個体がディスプレーを受け入れた様にしか見えないのだが・・・
カンタンを見たのは、30年以上ぶり。しかも、居るわ居るわ・・・・・沢山の個体を見ることが出来た。
中には、「マツムシソウ」の花粉を食べているのであろう個体も見られた。
夜、訪れたらならば、風流な鳴き声が聞こえるのであろう。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR
群馬県 高崎市 榛名湖町

ツマグロヒョウモン 群馬県

ツマグロマツムシソウ

【 ツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius
「クジャクチョウ」を撮りたくなったので、ネットで一番近い見られる所を探した。
で・・・・・昼過ぎに着。ココは [ マツムシソウ Scabiosa japonica ] が見られるとの事。
木道を歩き始めると、スグに [ マツムシソウ ] が見られた。
この花を見るのは、20年ぶり位だろうか。「ハナアブの仲間」が集まっている。
この、[ マツムシソウ ] に [ クジャクチョウ ] が止まっていたら豪華ではないか。
そんなシチュエーションを求めて歩き出した。
結果・・・・・[ クジャクチョウ ] は、2頭見たが・・・・・ロスト・・・・・
しかしながら、「ヒョウモンチョウの仲間」が訪れる場面はいくらか撮る事ができた。
そんな中から、異色の組み合わせ(?)。
【 ツマグロヒョウモン 】 は北上種なので、此処では以前見られなかったシーンであろう。
[ マツムシソウ ] の 花 がソレと分かる様に。ソレでいて チョウ の種類もわかる様に・・・・・
ソンナ角度を探しているうちにロストする事数回。この辺が精一杯の写真か・・・・・
また訪れたい場所ではあるが、インターチェンジから遠く、道が分かり辛いのが難点ではある。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR
群馬県 高崎市 榛名湖町