ムラサキツバメ 神奈川県

ムラツ飛び出し

【 ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata 】
「ムラツ」「ムラシ」日和である。
最近は、単に「ツ」「シ」と呼ぶ様になってしまった・・・・・
陽だまりの「カラスウリ」の葉に「ツ」が止まった。
「ツ」も「シ」もフラッシュのプレ発光に驚き、飛び出す事がある。
ソンナ場面を頭に描きながらシャッター。
上手く、飛び出してくれた。
今日の設定は、Mモード・ss1/2000sec.・F9.0・ISO:3200・フラッシュは 1/4 で発光させた。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR  神奈川県川崎市 HTSK

コナラシギゾウムシ 神奈川県

コナラシギゾウムシ

【 コナラシギゾウムシ Curculio dentipes
手すりにて 【 コナラシギゾウムシ 】 を見つけた。
撮ろう。とすると・・・・・落ちた・・・・・
幸い、スグに見つかったので・・・・・「コナラ」の幹にて撮影。
【 コナラシギゾウムシ 】 は、「触角」すら動かさないので「深度合成撮影」がし易い。
体毛が随分と剥がれている事がレンズを通すと分かった。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + LF-700WR 深度合成モード  神奈川県川崎市 HTSK

ホシホウジャク 神奈川県

ホシホウジャク・ツワブキ

【 ホシホウジャク Macroglossum pyrrhosticta 】
昨日の写真から。[ ツワブキ ] から吸蜜する 【 ホシホウジャク 】。
望遠レンズで狙えば簡単なのだが・・・・・着いていたレンズは・・・・・60mm Macro・・・・・
距離のリミッターが掛かっていたので、ソレを解除。
このマクロレンズはマニュアルフォーカスをやり辛いのが難点。。。
AF で合わすが・・・・・若干、ピン甘。
[ ツワブキ ] に訪れる虫を撮りたくて、毎年チャンスを窺うが・・・・・居るのは [ ヒラタアブの仲間 ] ばかり。
今回も [ ヒラタアブ ] を撮る様、構えていたら・・・・・現れたのがこの個体。
マクロレンズなので、望遠レンズよりも近づかなければならない。
脅かさない様、近付きシャッター。
今回は、SS1/320sec. F9.0 ISO:3200 フラッシュは 1/16 で発光。
翅は止まらないが、雰囲気は出た。と・・・・・思いたい・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR  神奈川県川崎市 HTSK

フチグロトゲエダシャク 飼育

フチ♀10/25

【 フチグロトゲエダシャク Nyssiodes lefuarius 】
季節外れに「羽化」してしまう個体がいる。
十分な数を飼育していればヨイのだが、今年は1桁しか飼育できなかった。
残りの「蛹」数は2。果たして♀が「羽化」するか・・・・・
季節は合ってくれるのか・・・・・
悩ましいトコロである。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8 深度合成モード  東京都国立市産 飼育


ムクゲコノハ 神奈川県

ムクゲコノハ20

【 ムクゲコノハ Thyas juno 】
「裏山」でわずかに出ている樹液酒場にて、【 ムクゲコノハ 】 を撮った。
樹液の周りには[ オオスズメバチ ] が沢山居座り、近づくのを躊躇ったが・・・・・突撃。
一緒にフレームに入ってくれれば良かったのだが・・・・・「腹」しか入らない・・・・・。
ソレではしょうがないので 【 ムクゲコノハ 】 のみを撮影。。。
【 ムクゲコノハ 】 の「ムクゲ」は・・・「尨毛(短く揃った毛)」の意。
1年に1回位出てくる蘊蓄である・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市「裏山」

クロマダラソテツシジミ 交尾 神奈川県

クマソ交尾

【 クロマダラソテツシジミ Chilades pandava 】
雨の予報。雨の降り出す前に、数日見に行けずに気になっていた 【 クマソ 】 を見に。。。
気温17°C 。少し寒いくらいだが、「交尾」を見ることが出来た。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE + FL-700WR   神奈川県横浜市

ウラギンシジミ 神奈川県

uragin♀

【 ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
陽だまりに飛び出した、【 ウラギンシジミ 】 の♀。後翅の白い縁取りが艶かしい。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4.0 PRO    神奈川県川崎市 HTSK

アオスジアゲハ 神奈川県

青筋飛

【 アオスジアゲハ Graphium sarpedon nippnum
昼過ぎの事。「裏山」の植栽ブットレアに 【 アオスジアゲハ 】 を数頭みる。
急いでカメラを持ってきた。幸い、【 アオスジアゲハ 】 はまだ居た。
陽が傾き始めている。久しぶりに 太陽 を入れて撮った。
太陽 を入れて撮る場合は絞りをかなり絞らなければいけない。太陽 が形を成さないから。
想っていた構図にあと一歩・・・・・と、いうところか・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE + FL-700WR   神奈川県川崎市「裏山」

ウスキツバメエダシャク 神奈川県

ニベア

【 ウスキツバメエダシャク Ourapteryx nivea
綺麗な種なのだが、あまりにも普通に見られて軽視されている様に感ずる。
私は好きですよ。ニベア。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4.0 PRO + FL-700WR  神奈川県川崎市 i

ホシホウジャク 神奈川県

ホシホウジャク

【 ホシホウジャク Macroglossum pyrrhosticta
昨日の画像から。[ キバナアキギリ ] で吸蜜する、【 ホシホウジャク 】。
近似の [ ホシヒメホウジャク  ] とは、腹端の白い部分の有る無しで見分けることができる。
この写真は、望遠レンズで写したものだが、こう云う風に吸蜜などにきているトコロは比較的容易に撮れる。
花でピントを合わせてから、「複眼」でピントを合わせ直せば良い。
ちなみに、この時の設定は・・・SS1/800sec. F8.0 ISO:3200 であった。
ISO:3200 でこの程度のノイズなら私には十分な許容範囲である。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4.0 PRO + FL-700WR  神奈川県川崎市 HTSK