ほぼ毎日更新 日刊:虫撮り.com

スギタニモンキリガ 神奈川県

スギタニ

【 スギタニモンキリガ Sugitania lepida 】
ヨウヤク、赤い画像である。冬到来。少し遅い位だ。
種小名は、ラテン語で「エレガントな」の意。
夜の撮影では、LEDライトを被写体に当ててピントを取り、LEDライトを外してシャッターを押す。
その間に、ブレてしまうことがあるのだが、なかなか、背面液晶では確認できない。
帰宅後にがっかりする事が間々アル。
今回は、ピントは良いのだが、やや光を反射している気がする。
なかなか、納得のゆく写真というのは撮れない。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro STF-8   神奈川県川崎市 i
  1. 2020/11/30(月) 06:36:33|
  2. | コメント:0

クロスジフユエダシャク 神奈川県

kurosuzi♀

【 クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 】
ヨウヤク、「冬シャク」♀の登場。。。
毎年思う事だが、脳内「冬シャク」よりも実際は大きい。。。
そして・・・・・移動速度が速い。。。
この個体も一度見たトコロを引き返してきたときに見つけた。
そして、♂を掲載した時にも書いたが、本種は「昼行性」である旨が書かれた文が多いが、
実際には、日没後も行動する。そして、♀個体に至っては「昼」よりも見つけ易い気がする。
それにしても・・・・・カワイイ「虫」である。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市 i
  1. 2020/11/29(日) 18:16:17|
  2. | コメント:0

チャバネフユエダシャク 神奈川県

golda1

【 チャバネフユエダシャク Erannis golda 】
今シーズンはもう、[ ウスタビガ ] は終わってしまったのか・・・・・
「冬夜蛾」は・・・・・出てこないのか・・・・・
「冬尺蛾」シーズンが始まった。今夜も、最初に見たのは [ クロスジフユエダシャク ] の♂であった。
と、街頭にかぶさる [ トベラ ] の枝葉を懐中電灯で丁寧に照らすと・・・・・
【 golda 】 である。。。♂単だけれど・・・・・
まだ、「蛾」を撮り始めて5年程度だと思うが、11月の 【 golda 】 は初めてである。
これから、1月末まで2ヶ月。【 golda 】 中心に私の「冬尺蛾」探しは続く・・・・・
あ・・・・・「冬尺蛾」自体は3月まで探すけど・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8  神奈川県川崎市 i
  1. 2020/11/28(土) 02:00:00|
  2. | コメント:0

ニトベエダシャク 神奈川県

ニトベエダシャク

【 ニトベエダシャク Wilemania nitobei 】

種小名は、「リンゴ」の害虫研究者である、新渡戸稲雄 氏に献名されたもの。
非常に広食性であり、春になると幼虫もよく観撮する事ができる。
本種の姿は、ちょうど冬のコートを着ている御婦人を連想させる。

OLYMPUS Tough TG-6 深度合成モード           神奈川県川崎市 Y
  1. 2020/11/27(金) 06:02:00|
  2. | コメント:0

ムラサキツバメ 神奈川県

つ1126

【 ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata 】
「つ」である。小春日和は「つ」「し」日和。。。
日当たりの良い照葉樹帯の横を通る時、探してしまう「虫」。
やっと現れてくれた。♀個体である。
TG-6 で撮るが、どうせ 5cm よりも寄れないのだから「絞り優先モード」で撮影。
ズームは、2.4倍。F3.6 1/200sec. ISO:100 久しぶりに TG-6 で納得のゆく写真が撮れた。。。
OYMPUS Tough TG-6 + FD-1                    神奈川県川崎市 Y
  1. 2020/11/26(木) 17:55:12|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

ヒゲナガサシガメ 神奈川県

ヒゲ

【 ヒゲナガサシガメ Endochus stalianus 】
冬の手すりの定番種。となったが、実際に見られる様になったのは数年前。。。
「冬尺蛾」を探したが、まだ♀は出ていなかった。
[ ウスタビガ ] も終わってしまったし、この端境期が一番辛い。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8  神奈川県川崎市 i
  1. 2020/11/25(水) 05:15:20|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0

ウスタビガ 神奈川県

モフタビ♀

【 ウスタビガ Rhodinia fugax 】
連休だったので2日続けて 【 ウスタビガ 】 詣へ行ったのだが・・・・・本日惨敗。
なので、昨日の画像から・・・・・
今年は♂個体を見ていない。♂個体を見ていないのだから、「配偶行動」も見ていない。
今年はコレでシーズンも終わりであろう。1年は長い・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8  神奈川県川崎市 i
  1. 2020/11/24(火) 08:12:07|
  2. | コメント:0

クロスジフユエダシャク 神奈川県

黒筋

【 クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 】
[ ウスタビガ ] の「配偶行動」を撮りに行った。街灯下には♀個体が1頭。
ヨイ、フェロモンルアーになるかと思ったが、日の出時刻を過ぎても♂は飛んで来なかった。
って、いうか・・・・・今年は♂を見ていない・・・・・

[ 冬夜蛾 類 ] は、今夜も振るわず・・・・・[ ケンモンミドリキリガ ] が1頭見られたのみ・・・
如何してしまったのだろう・・・・・

そして、林内を徘徊すると・・・・・足元から現れたのが、【 クロスジフユエダシャク 】。
いよいよ、平地の我家周辺でも「冬尺蛾」のシーズンが始まった。
例年、12月になってから確認できる本種であるが、今年は他のグループが例年よりも大分遅いのにもう現れた。
流石に、♀個体までは見られなかったが・・・・・まぁ、数日中に見られる事だろう。
本種は「昼行性」である旨を書いた文を散見するが、昨年、日没後も活動することを観撮できた。
今年も、日没後に「観撮」する事であろう。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市 i
  1. 2020/11/23(月) 09:35:12|
  2. | コメント:0

オオシロヒメシャクの仲間 神奈川県

目sp.

昨日早朝の事。気温が21度もあり、強風も吹いている・・・・・
果たして・・・・・「蛾」は居るのか???
[ ウスタビガ♀ ] と [ ケンモンミドリキリガ ] が1頭づつ見られただけ。
[ ウスタビガ♀ ] には、♂個体が飛来するか。と思ったが・・・・・来ず。

閑話休題。
【 オオシロヒメシャクの仲間  Problepsis spp. 
鳥の糞に擬態していると言われる。
[ カギバ科  ] に同じ様な模様のグループがあるが、コレぞ収斂と言えるであろう。
[ カギバ科 ]と [ シャクガ科 ] に同じ様な模様があることは不思議である。。。
OLYMPUS Tough TG-6 + FD-1   神奈川県川崎市 Y

  1. 2020/11/21(土) 05:26:33|
  2. | コメント:0

サトキマダラヒカゲ 神奈川県

サトキマ蛹
【 サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschii 】
夜の「裏山」で「イモムシ」を見つけた。[ ジャノメチョウ類 ] の「幼虫」だろうと思い、採集。
ミズゴケを入れたカップに保管しておいたところ、「蛹化」した。
見るからに「垂蛹」であるし、「懸垂器」もアル。しかし・・・・・ぶら下がっていない・・・・・。
落ちたにしては立派な「蛹」になっている。如何したのだ???
調べてみると、【 サトキマダラヒカゲ 】 の「蛹」で、「蛹化」後、地上に落下するのだそうだ。
丸く、小さな「蛹」で「瞼」まで見られる。春、「羽化」することを忘れない様にしなければ・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市「裏山」産
  1. 2020/11/20(金) 06:00:00|
  2. チョウ
  3. | コメント:0
次のページ

Orchis。

Orchis。

Author:Orchis。
メクルメク虫撮りの世界へようこそ

カテゴリ

チョウ (159)
ガ (223)
膜翅目 (17)
鞘翅目 (50)
蟷螂目 (6)
竹節虫目 (1)
半翅目 (28)
未分類 (7)
双翅目 (11)
蜻蛉目 (8)
徒然なる事 (10)
ラン科 (14)
脈翅目 (5)
直翅目 (7)
クモ目 (1)
蜚蠊目 (1)
爬虫類 (2)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

訪問者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR