今年の一枚

S

1月:Pneumonia に罹患、入院するも・・・・・ウスモンフユシャク初見。
2月:OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ・iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)を購入。
3月:OM-D E-M1 MarkⅢ の機能の一つ、「手持ちハイレゾショット」でチョウを撮る。
   初撮影は、[ ルリタテハ ]。その解像度に驚愕する。
4月:蘭科植物の栽培を10数年ぶりに再開。【 Ophrys speculum 】が特にお気に入り。
5月:待ちに待った、ゼフィルスのシーズンが到来するも例年より遅め。
6月:M.ZUIKO 8mm FISHEYE を購入。ヨウヤクの純正魚眼。。。
   他、念願であった、[ ミドリシジミ ][ アイノミドリシジミ ] を「ハイレゾショット」で撮影。
7月:Zeph三昧。も・・・・・天気などに苦労させられる。。。
8月:「裏山」で撮る時間多し。[ オニヤンマ ] の産卵を魚眼で撮った写真は、今年のベスト2であろう。
9月:[ ハネナガウンカ類 ] をよく撮った。地元産の [ ヤママユ ] をようやく撮れた。
10月:偶産の[ クロマダラソテツシジミ ] を撮る。
11月:偶産の[ アオタテハモドキ ] を撮る。
    [ ウスタビガ ] や、「冬夜蛾」の発生ペースが遅れたり出なかったり・・・
12月:雨の降らない日々が続き、「冬夜蛾」も「冬尺蛾」も低調・・・・・

今年の一枚は、【 アイノミドリシジミ Chrysozephyrus brillantinus 】「煌めく愛の卍巴」。
コレを撮った日は別カットを掲載。実はコレ・・・・・セカンドベストである。
SNSに載せたトコロ、好評を頂き「今年の一枚」とした。

さて、2020年と云えば・・・・・コロナ。
早く終息して穏やかに「虫撮り」が出来たら。。。と、願う。
今年一年、閲覧して下さり有り難う御座いました。           Orchis。

ムラサキツバメ 神奈川県

つ♂

【 ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata 】
12月に入って初めての雨。昼には雨も上がり、晴れ間が出ると・・・・・飛んでいる。
キラキラと2頭が絡んでいる。その内の1頭が「ハラン」に止まった。
【 ツ ♂ 】 は、翅の色を出すのが難しい。。。斜光の感じは出ているかと思う。
OLYMPUS Tough TG-6 + LG-1   神奈川県川崎市 Y

ムラサキシジミ 神奈川県

ツ7

【 ムラサキシジミ Narathura japonica 】
【 ツ 】 を確認に行くと・・・・・先日の集団は、5頭に減っていた。
そのすぐ側に、2頭と7頭の集団が見られた。
画像は、その7頭の方だが・・・・・写真撮り難い・・・・・
【 ツ 】 にしろ [ シ ] にしろ、集団の近くに集団があるような気がする。
「集合フェロモン」で集団になっているのだろうか。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8  神奈川県川崎市 HTSK

イチモジフユナミシャク 神奈川県

一文字

【 イチモジフユナミシャク Operophtera rectipostmediana
冬の夜は正直なトコロ、一人では怖い・・・・・
何が怖いって・・・・・「ヒト」が一番怖い・・・・・
そんな中、目的の「虫」に会えると嬉しさが増す。。。
今日の目的は 【 一文字 】。♀を見たかったが、まずは♂から・・・・・
初認は12月24日。
今日は、水銀灯下の擬木柵で見ることができた。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8  神奈川県川崎市 i

クロバネフユシャク 神奈川県

クロバネ

【 クロバネフユシャク Alsophila foedata
種小名はラテン語で「汚さ」の意。
前翅の外縁が反るように見える。
12月は雨が降っておらず、乾燥が激しい。「蛾」の出も悪いように感ずる。
ひと雨降れば、もう少し見られると思うのだが・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 markⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市 i

ムラサキシジミ 神奈川県

シ集団

【 ムラサキシジミ Narathura japonica 】
「ここだよ。」とお教え頂いた・・・・・。コレは分からんわ・・・・・。
【 シ 】 だけの集団って初めて見ました([ ツ ]の集団もたいしてみたことナイのデスガ・・・)。
初めは魚眼で撮っていたのだが、マクロに変えてみた。
が・・・・・ストロボ1灯 では上手く光が回らない・・・・・。
一度帰宅。ツインフラッシュを持ってきた。
「擬瞳孔」がこちらを見ている。起きていて、今にも飛び掛かってきそうだ。
魚眼は・・・・・撮り直しに行かねば・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市 HTSK

ウスバフユシャク 神奈川県

ウスバ

【 ウスバフユシャク Inurois fletcheri 】 昨夜の写真より。
ようやく、レギュラーの登場である。
なんだか、勘違いをしていて 【 ウスバフユシャク 】 が一番最初に出てくる「冬尺蛾」だと思い込んでいた。
「出ない。出ない。」と思いながら、過去画像の日付を見ると・・・・・12月末なのね・・・・・
これからの時期、ソコカシコで見ることができるが、何度見てもヨイ虫である。。。
上翅が光を反射するので、意外と撮りにくい・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8    神奈川県川崎市 i

プラタナスグンバイ 神奈川県

Pgunnbai

【 プラタナスグンバイ Corythucha ciliata
[ プラタナス Platanus スズカケノキ ] を宿主とする半翅目の昆虫。
明治後期に植樹された [ プラタナス ] だが、【 プラタナスグンバイ 】 は 2001年に名古屋で発見されたそうだ。
随分と長いタイムラグがあるものだ。。。
英名では、Lacebug。レースの織物の様であることから名付けられた。
深度合成モードで撮ったが、TG-シリーズの使い方としては最もハマる使い方では無いかと思った。
OLYMPUS Tough TG-6 LEDライトガイド LG-1 使用 深度合成モード  神奈川県川崎市 Y

チャバネフユエダシャク 神奈川県

golda.pr.

【 チャバネフユエダシャク Erannis golda 】
「裏山golda」1号である。早朝の散歩にはこういう事があるのが楽しい。
木々をルッキングして行くのだが、♀ははっきり言って見えない。で、♂を探す。
太陽を入れたかったが、少々高くて入らなかった。
まぁ、奥の景色に斜陽が入っているので「朝」とわかるか。。。
「裏山」では非常に少ない種であると思う。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE + FL-700WR   神奈川県川崎市「裏山」 

ヨコバイの一種 神奈川県

aino

Agnesiella aino 】 と思われる種。標準和名は無い。
A.aino 】 だとすると5年ぶりくらいの撮影になる。
以前は「裏山」でも見られたが、ホストと思われる [ ウコギ科 ] の植物を駆逐され見られなくなった。
この辺の [ ヒメヨコバイ類 ] に凝っていた頃がある。
当時は、標準ズームの「前玉」を外した「改造マクロもどき」を使い大きく撮っていたものである。
今は、面倒くさいので・・・・・普通に「マクロレンズ」で・・・・・

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR    神奈川県川崎市 HTSK