シモフリトゲエダシャク 神奈川県

霜降り♂

【 シモフリトゲエダシャク Phigalia sinuosaria 】
中盤種の主役が 【 シロフフユエダシャク 】 であるならば、
【 シモフリトゲエダシャク 】 はその上をゆく・・・・・ナンダ?
「フユ」と入らないが、「フユシャク」の中でも非常に大型で美麗な種。
この種の♀を求め・・・・・徘徊は深まる・・・・・
ナカナカ出会えず、ついぞ昨年は♀個体に会えなかった。
今年こそは・・・・・あの、大きな「ウンピョウ」に会いたいものである。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市 i

シロフフユエダシャク 神奈川県

シロフ♂

【 シロフフユエダシャク Agriopis dira 】
フユシャクシーズンも中盤に入った。と、同時に中盤の主役とも云うべき種の登場。
♀はまだ見られなかったが、♂は美麗な種であると思う。
さて、夜の徘徊の回数を増やしたいが・・・・・一寝入りしてからでないと体力が続かない。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8  神奈川県川崎市 i

フサヒゲオビキリガ 神奈川県

フサヒゲ

【 フサヒゲオビキリガ Agrochola evelina 】
「裏山」へ糖蜜を撒いてみた。
・・・・・・が、どうにも・・・・・
唯一居てくれたのが、この個体。[ マテバシイ ] の新芽近くに来ていた。
怒普通種だが、愛らしい種でもある。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8     神奈川県川崎市「裏山」

クロバネフユシャク 神奈川県

クロ♀

【 クロバネフユシャク Alsophila foedata 】
ヨウヤク、【 アルソフィラ 】 の♀である。ナンダカ・・・・・出が悪い。。。
最近聞いた話だが、【 クロバネフユシャク 】 は、[ コナラ・クヌギ ] を食べて育つ。
と云うが、[ クヌギ ] 専食だ。との事。
なので、【 クロバネフユシャク 】 の見られない [ クヌギ ] 林は、二次林である。と・・・・・
ナルホド、指標生物にもなっているのだな。と・・・・・

トコロで、この個体が 【 クロバネ 】 なのか [ シロオビ ] なのか・・・・・だが、
全体の体色が黒っぽい事、尾端の毛束が黒色であることから判断した。
この様な特徴的な個体に毎度会える訳ではナイので・・・・・ [ Alsophila sp. ] の場合もある。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8    神奈川県川崎市 i

キシダモンキリガ 神奈川県

キシダモン

【 キシダモンキリガ Sugitania Clara 】
標準和名が近年変わった種。発見者に因んだ標準和名らしい。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8    神奈川県川崎市「裏山」

ウスバフユシャク 神奈川県

ウスバPr.

【 ウスバフユシャク Inurois fletcheri 】
先日も 【 ウスバフユシャク 】 の交尾ペアーを掲載したが、今回はそのままライトを当てていた結果
♂が翅を下ろし、♀を隠すような体勢になったトコロ。。。
今年は、最普通種とも呼べる本種までもが少ないように感ずる。
ソレニシテモ・・・・・アイツ・・・・・撮れないなぁ・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8    神奈川県川崎市 i

ムラサキシジミ 神奈川県

し♂

【 ムラサキシジミ Narathura japonica 】
日向の気温は分からないが、この時の日陰の気温が摂氏5°C
見つけた時は翅を閉じていたが、再び見に行くと翅を開いていた。
ナントモイエナイ紫色であった。
5°C で動いているのを見るのは初めてであるので、角度を変えながら撮影をした。
が・・・・・一番、見た目に近い「紫」になったのはこの画像であった。。。
OLYMPUS Tough TG-6                 神奈川県川崎市 Y

スギタニモンキリガ 神奈川県

杉谷紋

【 スギタニモンキリガ Sugitania lepida 】
其処彼処で [ ヤブツバキ ] が開花を始めたので「裏山」でも咲き始めたか。と思い、登ったのだが・・・・・
いっこも咲いとらん・・・・・。
「冬夜蛾」のシーズン真っただ中だというのに、なかなか撮れない・・・・・。
[ サザンカ ] のシーズンは終盤だが、まだ数輪咲いている。
そこへ訪花していたのが、この個体。
コレだけ虫が撮れないと・・・・・居てくれたダケで感謝である。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市「裏山」

ミナミトゲヘリカメムシ 神奈川県

ミナミトゲ

【 ミナミトゲヘリカメムシ Paradasynus spinosus
風が強い。台風の様だ。案の定・・・・・虫が少ない。。。
本種は南方系の種でコレまた見かける様になったのは10年以内の事である。と思われる。
[ クスノキ ] をホストとし、落果する秋頃には、実と共に幼虫が地面に落ちているのを見られる。
臭いと思った事はないのだが・・・・・匂いを嗅いだ覚えもない。
ミントグリーンの別の虫を探している筈ナノダガ・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ M.ZUIKO 60mm Macro +STF-8     神奈川県川崎市 i

ヒゲナガサシガメ 神奈川県 

ヒゲ

【 ヒゲナガサシガメ Endochus stalianus 】
すっかりお馴染み感があるが、見かける様になったのはホンノ数年前である。
日中のフユシャク探しは当たらないことが多いが、周りの環境やその他の昆虫を観察する意味では意義深い。
この個体は、木柵の継ぎ目のプレート上に居た。
風が台風の様に強いが、日没後のフユシャク探しに影響しなければ良いのだが・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8     神奈川県川崎市 i