チャイロキリガ  神奈川県

茶色椿

【 チャイロキリガ Orthosia odiosa 】
「毎日更新」と謳いながら、2日もサボってしまった・・・・・

「裏山」の「ヤブツバキ」に 【 チャイロキリガ 】 が来ていた。小さいが、渋く愛らしい種である。

よく、「寒椿」と云う表記を見かけるが、「寒椿」と云う標準和名の樹木は存在しない。
標準和名としては、[ ヤブツバキ Camellia japonica が正しい。
まぁ、ナニヲモッテ標準とするのかがワカラナイ以上・・・・・ドウデモヨイハナシだ。。。

我家では、[ フチグロトゲエダシャク ] が「孵化」してしまった。
慌てて、幼虫に食べさせる「ヨモギ」を摘んできた。
適度な数が育ってくれればなぁ。と、思う・・・・・。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR  神奈川県川崎市「裏山」



ブナキリガ 交尾 神奈川県

ブナPr.

【 ブナキリガ Orthosia paromoea 】
日付が変わった頃に行動開始。
まずは、LED 化された街灯を虚しく見て歩く。勿論、ナニモイナイ。。。
「アセビ」の花咲く道を歩くが・・・・・「ウラジロエダシャク」しか見られない。
まだ咲いていない「キブシ」の枝に「冬夜蛾」が見えた。
しかも2頭。交尾をしている。夜のオートフォーカスは迷う事多々。
しかし、マニュアルフォーカスではピントのやまが掴めない。
ナントカ最短撮影距離付近で撮る事ができた。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR   神奈川県川崎市 i

オカモトトゲエダシャク 神奈川県

岡本さん

【 オカモトトゲエダシャク Apochima juglansiaria 
日々夜になると「裏山」を徘徊したり、住うマンションの電灯を見て回ったり・・・・・
奇行が目立ってしまうのですが・・・・・その割にミツカラズ・・・・・
朝、我奥様の呼ぶ声・・・・・「コレ、オカモトさんぢゃぁなかったっけ?」
はい。。。
通っているフィールドの電灯が LED化 されたりして、「如何やっって撮ろう。」
と、逡巡していたら・・・・・我奥様が見つけてくれた。。。
さて、本気で自己灯火を焚かなければならなくなってきた・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 「深度合成モード」   神奈川県川崎市「裏山」産

フチグロトゲエダシャク 交尾 東京都

フチPr.

【 フチグロトゲエダシャク Nyssiodes lefuarius 】
マイさん、オカピさん と約束をして、多摩川河川敷で「フチ撮り」。
私が♀個体を用意する手筈が・・・・・羽化間に合わなかった・・・・・
ので・・・・・合流後、未交尾♀を探す事から始める。
低く飛んでいる♂を見失わない様追うと・・・・・いた。♀だ・・・・・
で、その♀を♂から取り上げ・・・・・ルアーリング開始。。。
程なく、♂が飛んでくる。前回、深度合成モードで撮れたので、今日は魚眼。。。
逆光なのでピントを取るのも難しいし、寝そべって撮影。。。
今一つ、課題が残るあがりとなった・・・・・。

トコロで、ごく私ごとデスガ・・・・・
写真雑誌 CAPA誌3月号 の フォトコン(生き物の部)で、[ アイノミドリシジミ ]『きらめく愛の卍巴
が・・・・・「3席」を受賞しました!!!
20数年の写真撮り人生で一区切りを告げる受賞となりました。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE PRO + FL-700WR   東京都国立市 多摩川河川敷

アトジロエダシャク 神奈川県

アトジロ

【 アトジロエダシャク Pachyligia dolosa
「アセビ 」の花が咲き始めた。と、同時に 【 アトジロエダシャク 】 も活動を始めた。
翅を立て、吸蜜する姿は「シャクガ」だと分かるが、翅を閉じ止まっている姿は「ヤガ科」に見える。
いよいよ春が近づいてきた事を実感させる虫だ。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR  神奈川県川崎市 i

ヒロバフユエダシャク ♀ 神奈川県

ヒロバ♀
【 ヒロバフユエダシャク Larerannis miracula 】
暖かいが風の強い一日。其処此処で「アレ」が羽化している。との情報が・・・・・
撮りに行きたいが、仕事ではイタシカタナイ。。。
帰宅後、「裏山」を散策。「エノキ」に「アレ」が付いていないか探すと・・・・・
小さく動く何かが・・・・・望遠レンズで見えるか?
撮影をしてみると、【 ヒロバフユエダシャク 】 の♀個体であった。
一旦、家へ帰り「捕虫網」を手に再度出陣。。。
で・・・・・捕獲。白バック撮影をしてみた。
今シーズンはナカナカ出会えなかったが、「裏山」で会うとは・・・・・
「裏山」での 【 ヒロバフユエダシャク 】 の確認は、今年の1月31日。
しかも、今年初めて見たのだ。雌雄が見られたという事は次代が見られるかもしれない。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 深度合成モード  神奈川県川崎市「裏山」産

シロヘリキリガ 神奈川県

シロヘリ

【 シロヘリキリガ Orthosia limbata 】
「裏山」で早くも 【 シロヘリキリガ 】 が現れた。
大体、「裏山」では最後に現れる種だ。
白い縁取りが愛らしい小型種。変異が大きいのも魅力。
「裏山」では何故かフェンスに「冬夜蛾」が止まっている。。。
また、登場する事であろう。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR   神奈川県川崎市「裏山」

オオカマキリ 孵化 東京都

オオカマ孵化

【 オオカマキリ Tenodera aridifolia
「フチ撮り」に多摩川河川敷へ出かけたが・・・・・
気温低い(9°C)し、風もある。。。
コレでは流石に「フチ」も飛ばない。。。
ナニか飛び出さないか・・・と、河川敷を歩いていると、目に入った 【 オオカマキリ 】 の卵嚢の数々。
そのうちの一つに、ナニかぶら下がっている・・・・・直感的に「孵化」だと思い、近づく。
設定をいぢりながら、撮って行くと・・・・・最初は「蛆状」だった幼虫の脚が広がり始める。
私は「太陽」を入れて撮る事が多くある。
「太陽」を入れて撮るには、絞りを絞る事が肝心だが、同時に「被写体」も暗くなるのでストロボを使う。
「フチ」は、また来週にでも取れるであろうか・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE PRO + FL-700WR   東京都 国立市 多摩川河川敷

クロミミキリガ 神奈川県

クロミミ

【 クロミミキリガ Orthosia lizetta
今シーズン初撮影の 【 クロミミキリガ 】。「裏山」では「コナラ」を食べて育つのであろう。
「ヤブツバキ」は満開。「冬夜蛾」も10数頭見られた。。。
こうでなくてはツマラナイ。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR  神奈川県川崎市「裏山」

スモモキリガ 神奈川県

季2

【 スモモキリガ Anorthoa munda 】
「裏山」の「ヤブツバキ」も満開というくらいに花の数が増えていて、全ての花をチェックする事が難しい。
が・・・・・居ない・・・・・コレだけ咲いているのに・・・・・3頭。。。
の中の1頭。【 スモモキリガ  】 らしい 【 スモモキリガ 】。
らしい・・・・・というのは、翅端に見える2対の点。コレが 【 スモモキリガ 】 の最大の特徴。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR   神奈川県川崎市「裏山」