ほぼ毎日更新 日刊:虫撮り.com

サトキマダラヒカゲ 神奈川県

satokima

【 サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschii
2化目の成虫が飛び始めた。なんという事ない怒普通種であるが、好きな種でもある。
朝方の斜光線を浴び、黄色味が増している。触角の裏側や先がオレンジだという事も分かる。
iPhone のカメラは本当に秀逸である。この画像は、ズームを1.5倍にして撮影したが、この位の大きさの虫であればその辺のコンデジより良く撮れる。
少なくとも、私が TG-6 を使うよりも良く撮れる。最近は専ら iPhone しか持ち歩かない。コンデジは机の上。
そうすると・・・・・小さな孵化幼虫の様なモノが目の前に現れる。。。
流石にコレまでは iPhone でも無理であろう・・・・・。
iPhone12 mini 神奈川県川崎市 Y
  1. 2021/08/11(水) 18:26:18|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

アヤヘリハネナガウンカ 神奈川県

ayaheri

【 アヤヘリハネナガウンカ Losbanosia hibarennsis
日付が変わる頃、【 アヤヘリハネナガウンカ 】 を見つけた。
現地でも撮ったのだが、昨日付の画像同様(それ以上に)にノイズが酷く・・・・・改めて設定を考え直さねばなるまい。
帰宅して後、白バックで撮影をした。が・・・・・昨年、黒バックの方が本種の特徴を活かせる事に気が付いていたのに失念。
また、探しに行かねばならない。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR
神奈川県川崎市 i産 自宅撮
  1. 2021/08/10(火) 07:45:10|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0

マエグロハネナガウンカ属の一種 神奈川県

maeguro

【 マエグロハネナガウンカ属の一種 Zoraida spp.
強風により日中は虫が撮れなかったので、夜になってから取りに出かけた。
ゼフィルスの時期は、ソレに専撮してしまうので・・・・・ようやく他の虫に。。。
貯木場で 【 マエグロハネナガウンカ属の一種 】 を見つけた。
この属には複数の種が含まれるが、イマイチはっきりとした判別方法が判らない。ので、今回から 【 マエグロハネナガウンカ属の一種 】 とした。
幼虫は菌類から栄養を得ている。とのことだが、まだ幼虫に出会ったことはない。
独特の風貌が見ていて(撮っていて)楽しいグループである。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR
神奈川県川崎市 i
  1. 2021/08/09(月) 00:00:00|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0

ツマアカクモバチ 神奈川県

tumaaka

【 ツマアカクモバチ Tachypompilus analis
[ アシダカグモ Heteropoda venatoria ] を運ぶ 【 ツマアカクモバチ 】 を見つけた。
速いので最初は取れなかったのだが、獲物を落とし・・・・・Re:スタート。。。
軽々と [ アシダカグモ ] を引き上げて行く。こういうシーンはバーストで撮った方がヨイのだろうか。
南方種で北上種。私が子供の頃には見られなかった「虫」である。
iPhone 12 mini 神奈川県川崎市 Y

  1. 2021/08/08(日) 20:30:38|
  2. 膜翅目
  3. | コメント:0

コノシメトンボ 神奈川県

co-nosime

【 コノシメトンボ Sympetrum baccha matutinum
朝、仕事始めの時に 【 コノシメトンボ 】 を見つけたので iPhone で撮影。
逆光で黒く潰れるか。と思ったが、見事に再現してくれた。
ただし、iPhone 12 mini の画像は 4032 X 3024 というサイズなので、横幅2024ピクセルに縮小。
翅脈・体毛など、驚くほど精細に解像している。コレで確か、1.6倍にズームして撮ったのだと記憶している。
iPhone 12 mini 神奈川県川崎市 Y
  1. 2021/08/07(土) 20:08:32|
  2. 蜻蛉目
  3. | コメント:0

キリシマミドリシジミ 

kirishima

【 キリシマミドリシジミ Thermozephyrus ataxus
蝶友「ともきりん氏」の案内で今シーズン最後のゼフィルス詣に出かけた。
深山渓谷、幽玄という言葉がしっくりと当てはまる 【 キリシマミドリシジミ 】 が現れる。
「カシ類」の葉に止まると見失いやすいのだが、ナントカ辺りをつけレンズを向ける。
そのうちの1頭が翅を開き始めた。ドキドキするのがわかる。チョウで感動するのは久しぶりである。
【 キリシマミドリシジミ 】 の特徴でもある、「翅裏」の見えるV字開翅を今日は選んでみた。
来シーズンはもう少し早く同地を訪れ撮りたいと思う。
いつも案内役を買ってでてくれる「ともきりん氏」に感謝したい。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR
  1. 2021/08/06(金) 15:31:00|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

コクワガタ 神奈川県

co-kuwa

【 コクワガタ Dorcus rectus 
比較的大型な 【 コクワガタ 】 を見つけた。この位の大きな 【 コクワガタ 】 は格好良い。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 8mm FISHEYE PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」
  1. 2021/08/05(木) 00:00:00|
  2. 鞘翅目
  3. | コメント:0

エゴヒゲナガゾウムシ 神奈川県

GOZ
【 エゴヒゲナガゾウムシ Exechesops leucopis
旧和名 【 ウシヅラヒゲナガゾウムシ 】 である。「牛頭」である。「GOZ」。
夜間、「裏山」へ行く際は、魚眼レンズしか持ってゆかないので「小さな虫」が撮れない。
ので、ちょっと摘んで帰って来た。で、白バックで撮影するのだが・・・・・止まらない。
ならば・・・・・フラッシュを使おう。となる。
F14 ss1/60sec. ISO3200 フラッシュは 1/32 で発光。
結構、被写界深度も稼げていると思う。
ヨイ虫だ・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」産 自宅撮影
  1. 2021/08/04(水) 04:34:03|
  2. 鞘翅目
  3. | コメント:0

イブキスズメ 長野県

ibuki-youthuu

【 イブキスズメ Hyles gallii
2週続けて「入笠湿原」を訪れたのは・・・・・成虫を撮りたかったからであり、幼虫を撮るためではない。。。
しかも・・・・・山の上だけ雲の中。霧だけでなく、雨のおまけ付き・・・・・
10年位追いかけているが、未だ撮れない。果たして・・・・・来シーズンこそ成虫に会えるのだろうか・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR
長野県諏訪郡「入笠湿原」
  1. 2021/08/03(火) 21:02:43|
  2. | コメント:0

コエゾゼミ 長野県

koezo

【 コエゾゼミ Lyristes bihamatus
先週の長野行の時に拾った、【 コエゾゼミ 】 の亡骸。
特別何もしていないが、退色せずにあったので「深度合成」で撮影。
生時はもう少し、緑がかっていたように思うが十分綺麗に思える。
【 コエゾゼミ 】 は、中国大陸北部から大昔の日本に移動してきた [ エゾゼミ ] と異なり、
サハリン方面から日本に移動してきた昆虫だそうで、純粋な北方種である。とのことだが・・・・・はて、何が純粋で何が純粋で無いのか
天邪鬼な私には引っかかってしまうトコロである。
あ・・・・・ホコリが写ってしまっている・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 深度合成モード
長野県諏訪郡「入笠湿原」産 自宅撮影
  1. 2021/08/02(月) 00:00:00|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

Orchis。

Orchis。

Author:Orchis。
メクルメク虫撮りの世界へようこそ

カテゴリ

チョウ (224)
ガ (338)
膜翅目 (26)
鞘翅目 (69)
蟷螂目 (8)
竹節虫目 (2)
半翅目 (48)
未分類 (7)
双翅目 (14)
蜻蛉目 (14)
徒然なる事 (20)
ラン科 (15)
脈翅目 (5)
直翅目 (7)
クモ目 (1)
蜚蠊目 (1)
爬虫類 (3)
両生類 (1)
機材 (2)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

訪問者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR