毎日更新 日刊:虫撮り新聞

毎日「旬の虫」をお届けします

シロフフユエダシャク 交尾Pr. 神奈川県

sirofuPr.

【 シロフフユエダシャク Agriopis dira 】
先日初認した 【 シロフフユエダシャク 】 だが、その時は ♂ の綺麗な翅表を掲載できないでいた。
今日も「翅」を閉じていたので、位置を覚え フィールドを1周。戻ってくると、「翅」を閉じていた。
しかし・・・・・その1周の間・・・・・他の「フユシャク」はミラレズ・・・・・
別の場所へフィールドを変えたが・・・・・追加はエラレズ・・・・・寒さだけが体に残った。。。
【 シロフフユエダシャク 】・・・・・本当に美しいフユシャクである。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8
神奈川県川崎市 i
  1. 2022/01/31(月) 08:30:00|
  2. | コメント:0

クロバネフユシャク Pr. 神奈川県

kbfPr.

【 クロバネフユシャク Alsophila foedata 
Y-Field では、まだ 【 クロバネフユシャク 】 の Pr. が見られた。今シーズンは、昨年12月21日に初認とあった。
子供の頃(約40年前)の Y-Field では、[ ウスタビガ ] も見られた。その頃のY-Field 周辺は田畑が広がっていた。「虫」も多く見ることができた。
今では、この周辺で唯一「緑の残された場所」となってしまった。
今、[ フユシャク ] を見つけると嬉しいが、その頃の私は冬になっても材起こし等で「甲虫」を狙っていた。
「蝶」は好きだったが、まさか「蛾」をやるとは思わなかった。。。
iPhone 12 mini                      神奈川県川崎市 Y


  1. 2022/01/30(日) 19:30:23|
  2. | コメント:0

クロテンフユシャク 交尾 神奈川県

tenPr.

【 クロテンフユシャク Inurois membranaria 
「裏山」で 【 クロテンフユシャク 】 の発生が始まって1週間程が経った。
「裏山」では フェンス も立派に「虫」を探す場所で、欠かしてはならない。
さて先週、 【 クロテンフユシャク 】 を掲載した際に後回しにしたネタとは・・・・・
【 クロテンフユシャク 】 と同属近似種の [ ウスバフユシャク ] は、ドチラも広食性を示すが、
【 クロテンフユシャク 】 は [ クヌギ ][ コナラ ] をより好み、[ ウスバフユシャク ] は [ サクラ類 ] を好む。との記述を見たことがある。
「裏山」には [ サクラ類 ] がほとんど生えていない。だからなのか、「裏山」で [ ウスバフユシャク ] を見る事はない。
代わりに、優先種として [ くぬぎ ][ コナラ ] が生え 【 クロテンフユシャク 】 は見る事ができる。
非常に面白い事例だと思う。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 150-400mm F4.5 PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」

  1. 2022/01/29(土) 20:03:13|
  2. | コメント:0

ハネナガモクメキリガ 神奈川県

hanenaga

【 ハネナガモクメキリガ Xylena nihonica
「裏山」にて撮影。いつもとは違う雰囲気の「冬夜蛾」が、白い [ ヤブツバキ ] にて吸蜜していた。
[ アヤモクメキリガ ] に似るが、ソレとも違う。しかし、「裏山」にて以前に見たことがある。
その時は、撮れなかったのだが・・・今日は「花の蜜」にご執着の様だ。
しかし、400mm には近すぎる。150mm域 で撮ってみるが、小さい様だ。では、300mm域 で・・・・・
「翅」を丸める様に畳む習性がある様だ。ソレでなのか、非常に撮り難い。。。
ある程度撮ったトコロで、一旦帰宅し・・・レンズ交換。
で、「裏山」を駆ける様に登る。まだ居てくれた。急いで構えるも・・・「翅」を広げた。数回羽ばたいた。かと思ったら・・・飛ばれてしまった・・・。
またじっくりと対峙したい「冬夜蛾」である。でも・・・・・「裏山」ではレアなんだろうなぁ。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 150-400mm PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」
  1. 2022/01/28(金) 20:13:53|
  2. | コメント:0

シロフフユエダシャク 神奈川県

sirof

【 シロフフユエダシャク Agriopis dira
コレまた、遅い発生である。「見られない。」と思っていた 【 シロフ 】 の 交尾Pr. に遭遇。
「冬尺蛾」の♂は、交尾事には画像の様に「翅」を立てる。ソレにライトの光を当てると・・・閉じる。
今夜はこの Pr. 以外の「虫」が全く見られず・・・・・不思議であった。
気温4℃・湿度85% なんだか不気味な夜であった・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8
神奈川県川崎市 i

  1. 2022/01/27(木) 06:16:43|
  2. | コメント:0

ヨスジノコメキリガ 神奈川県

4

【 ヨスジノコメキリガ Eupsilia quadrilinea 】
「裏山」で 【 ヨスジノコメキリガ 】 を撮った。種小名は「4つの線」の意。
「裏山」で最も普通に見られる「冬夜蛾」だが、少し前までは比較的珍しい種類だったらしい。
「冬夜蛾」と呼ばれる「ガ」には、そうした「比較的珍しい」種がおおかったようで「糖蜜」によるトラップの普及で一般化したモノらしい。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 150-400mm F4.5 PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」
  1. 2022/01/26(水) 00:00:00|
  2. | コメント:0

ナワキリガ 神奈川県

nawa

【 ナワキリガ Conistra nawae
「裏山」の [ ヤブツバキ ] に居た、【 ナワキリガ 】 を M.ZUIKO 150-400mm F4.5 PRO の 150mm域・最短撮影距離 で撮ってみた。
望遠ズームの場合、テレ端 はそのまま使えるが・・・ワイド端 を ワイド端 とよんでヨイモノなのであろうか・・・・・
「ワイド」と言っても、150mm である。35mm版換算では 300mm である。「ワイド」なのか???
まぁ、撮影最短距離 で・・・決して大きくは無い 【 ナワキリガ 】 でもこの位の大きさに写る。
【 ナワキリガ 】 に限らず、多くの「冬夜蛾」で「翅」が光を反射する。撮り難い事この上ない。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 150-400mm F4.5 PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」

  1. 2022/01/25(火) 20:30:35|
  2. | コメント:0

キバラモクメキリガ 神奈川県

kmk

【 キバラモクメキリガ Xylena formosa 
「裏山」で「冬夜蛾」撮影。
と・・・・・犬の散歩なご老人に声をかけられる。「椿を撮っています」でも良かったと後から思ったのだが・・・・・
「蛾を撮っています。研究の為です。」などと答えてしまった。
「虫撮り」をしていると、「何をしているのか?」と声をかけられる事が多々ある。
「蝶」を撮っている時は、「蝶を撮っています。」で済むのだが、ソレ以外は通用しない。
で・・・・・「研究の為」という言葉をつけるのだ。コレで十中八九納得いただける。
物好きにも理由がいるのだ・・・・・。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 150-400mm PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」

  1. 2022/01/24(月) 19:56:01|
  2. | コメント:0

ミツボシキリガ 神奈川県

Micky

【 ミツボシキリガ Eupsilia tripunctata 】
私が一番信じられない言葉は、「普通種」である。で、ミッキー様である。普通種なんだそうだ。
いや、「裏山」をはじめ私の行動圏内では「希少種」とまでは行かなくとも、珍しい種である。
我々「虫屋」にとっては、「ネズミ」でなく「ガ」が「ミッキー様」である。
こういう、大物が撮れる日には他の虫は撮れない。のが・・・・・私のジンクスな様だ。
今夜はもう、撮れないか・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8
神奈川県川崎市「裏山」
  1. 2022/01/23(日) 21:05:21|
  2. | コメント:0

クロテンフユシャク 神奈川県

BtenM

【 クロテンフユシャク Inurois membranaria
「裏山」で、【 クロテンフユシャク 】 の発生が始まった。
同属・近似種の [ ウスバフユシャク ] との見分け方は、ココ を参照して頂けたら。と思う。
もう一つ、違いがあるのだが・・・・・ソレは 【 クロテンフユシャク 】 の「交尾Pr.」を紹介できる時にしようと思う。
では、今日のネタは・・・・・
今日は、M.ZUIKO 150-400mm F4.5 PRO をカメラに着けていった。
そこへ飛んできたのが、写真の個体。まぁ、400mm レンズ で撮る様なシチュエーションではないのだが、
セッカクなので、1.25倍内蔵テレコンを有効にして 500mm 域での撮影をしてみることにした。
ほぼ、最短距離(1.3m)での撮影だが、【 クロテンフユシャク 】 がこのくらい大きく写る。
コレは、初夏の ゼフィルス戦 に期待が持てる結果となった。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 150-400mm F4.5 PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」
  1. 2022/01/22(土) 19:27:00|
  2. | コメント:0
次のページ

Orchis。

Orchis。

Author:Orchis。
メクルメク虫撮りの世界へようこそ

カテゴリ

チョウ (298)
ガ (349)
膜翅目 (29)
鞘翅目 (88)
蟷螂目 (9)
竹節虫目 (2)
半翅目 (65)
未分類 (7)
双翅目 (15)
蜻蛉目 (15)
徒然なる事 (20)
ラン科 (15)
脈翅目 (5)
直翅目 (9)
クモ目 (1)
蜚蠊目 (1)
爬虫類 (3)
両生類 (1)
機材 (2)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

訪問者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR