毎日更新 日刊:虫撮り新聞

毎日「旬の虫」をお届けします

ギンモンスズメモドキ 神奈川県

gmszm

【 ギンモンスズメモドキ Tarsolepis japonica
今日も狙った奴は現れなかった・・・・・。暑い・・・・・。コレが原因なのか?
途中、東名高速の鮎沢PAでトイレに寄った際に見てみたかった(撮ってみたかった)奴に会えた。
iPhone でスナップしたダケだが・・・・・iPhone のホワイトバランスってこんなに青かった?
iPhone 12 mini                      神奈川県山北町 鮎沢PA
  1. 2022/07/31(日) 18:35:42|
  2. | コメント:0

ノハナショウブ と モンキチョウ 長野県

nhs&mk

【 ノハナショウブ と モンキチョウ Iris ensata & Colias erate
「虫」が撮れない日もある・・・・・。月末だし、今月の没写真を掲載・・・・・。
7月11日に長野県 入笠湿原で撮ったもの。
【 ノハナショウブ 】 が盛りで素晴らしかったが、狙った「アイツ」は現れなかった・・・・・。
OM SYSTEM OM-1 + M.ZUIKO 150-400mm F4.5 PRO + FL-700WR
長野県富士見町 入笠湿原
  1. 2022/07/30(土) 21:01:00|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

センチコガネ 神奈川県

cm

【 センチコガネ Geotrupes laevistriatus 】
意外な事に初登場の虫。獣糞が落ちていたので、ナントハナシに見ていたトコロ 【 センチコガネ 】 が飛んで来た。
スグに獣糞の下に潜ろうとするが・・・・・ココは砕石のひかれた固い地面・・・潜れず・・・・・
iPhone で小さい虫を撮るのは難しい。が・・・・・1cm以上、時には 2cm 近くにもなる虫であれば撮れる事は撮れる。
補正としては、トリミングとシャープネスを少々。
大きな画像で見れば、アラだらけであるが・・・・・タブレットで見る程度まではコレで大丈夫なのではないだろうか。
まぁ、iPhone を越えるコンデジがあればスグにでも飛びつくのだが・・・・・。
iPhone 12 mini                      神奈川県川崎市 Y
  1. 2022/07/29(金) 20:35:09|
  2. 鞘翅目
  3. | コメント:0

ミンミンゼミ 神奈川県

mmz

【 ミンミンゼミ Hyalessa maculaticollis
夏の夜の課題である。
OM SYSTEM OM-1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」

  1. 2022/07/28(木) 20:48:27|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0

マエグロハネナガウンカ属の一種 神奈川県

mghnunka

【 マエグロハネナガウンカ属の一種 Zoraida spp. 】
先日、昼間の観撮では暑過ぎて自身もバテルし、虫も見られなかった事から早朝観撮に出かけた。
で、大好物の [ ハネナガウンカの仲間 ] を中心に「虫」を探す。
貯木場では、【 マエグロハネナガウンカ属の一種 】 を見つけたが、カメラを用意している内に積んで重なっている「木」の奥の方へ逃げられた。
この時、陽が昇る時間でもあり辺りが明るくなり始めていた。てっきり「昼行性」である。と思い込んでいたのだが・・・・・
「夜行性」である可能性も考え始めた。「夜行性」であれば、「走光性」や「夜間の行動(飛翔を含む)」などの行動も合点がゆく。
この個体は、[ キブシ ] の葉裏で隠れている所を探し見つけたモノ。
朝の林内はまだ薄暗く、【 ハネナガウンカ 】 は葉裏を歩いていたが陽が差す内に「葉の重なっている所」へ入り込んだ。
また、もう一点考察している事柄があるのだが・・・・・観撮を続け、確信に近くなってから書こうと思う。
種 [ マエグロハネナガウンカ ] は、近似種が有る事・判別点を明確に記述したモノが見つからない事から今回も 【 マエグロハネナガウンカ属の一種 】 とした。
この属の判別点が記されたモノを、とりあえずは [ マエグロハネナガウンカ ]と [ ウスマエグロハネナガウンカ ] の違いだけでも良いので、誰か教えてはくれないだろうか。
OM SYSTEM OM-1 + M.ZUIKO 60mm Macro + FL-700WR
神奈川県川崎市 i
  1. 2022/07/27(水) 12:15:40|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0

アブラゼミ 神奈川県

abrzm

【 アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata
「裏山」には毎日、小さな子供のいる家族が [ カブトムシ ] を採りに来ていて・・・・・ごった返している。
そんな中、蒸し暑い夜の今夜は人気が無い。。。
で、「樹液酒場」には・・・・・ピンキーが居るではないか!!
が・・・・・一足早く「樹液酒場」を占拠したのは・・・・・中学生の集団。。。
嗚呼・・・・・目の前で散らされて行く・・・・・
仕方がないので、「羽化」をしていた 【 アブラゼミ 】 を撮った。【 アブラゼミ 】 の一生の中で、間違いなく「一番美しい瞬間」であろう。
OM SYSTEM OM-1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO + FL-700WR
神奈川県川崎市「裏山」
  1. 2022/07/26(火) 21:12:45|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0

アカボシゴマダラ 神奈川県

akabosi

【 アカボシゴマダラ Hestina assimilis assimilis
神社の外壁で 【 アカボシゴマダラ 】 が「求愛」をしていた。上が♂で下が♀。
この後、飛んでも「求愛」を続けたが、♀は受け入れずに飛び去った。
イワズトシレタ人由来の「特定外来種」であるが、大型で見栄えのする種である。
また、「羽化」などの観撮もし易かったのだが、「特定外来種」に指定された為に無許可では観撮が出来なくなった。
屋外(野生下)で、観撮することも考えられるし、試した事はあるが・・・・・まだ成功できてはいない。。。
iPhone 12 mini                            神奈川県川崎市 Y
  1. 2022/07/25(月) 20:36:27|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

アカハネナガウンカ 神奈川県

akahane

【 アカハネナガウンカ Diostrombus politus 】
例年、8月中旬頃に観撮するが、今年は少し早く「勾玉の眼」を観撮に行けた。
ホストとなる [ ジュズダマ ] では、複数個体を見る事が出来たが・・・・・
15年程度前にはソレコソ「数珠繋ぎ」になる位見られたので、かなり減ったのであろう。
幼虫は「菌類」に関係しているそうだが、未だ詳細は分かっていない。
実は昨夜に同科他種を観撮したのだが、「カ」の猛攻に耐えられずにブレ画像増産。日中同所で探したのだが見られなかった。
私の撮る「虫」の中でもかなり小さいと思われる。が・・・・・存在感は抜群に大きい。
OM SYSTEM OM-1 + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8
神奈川県川崎市 i

  1. 2022/07/24(日) 14:33:31|
  2. 半翅目
  3. | コメント:0

ゴマダラチョウ 神奈川県

gmdr

【 ゴマダラチョウ Hestina persimilis japonica 】
【 ゴマダラチョウ 】 が死んでいた。本邦純正の由緒正しき 【 ゴマダラチョウ 】。
「赤いアリ」が群れを為していた。ナントナク寂しげではあったが、本邦純正の 【 ゴマダラチョウ 】 が生き繋いでいてくれている事を嬉しく思った。
暑い日が続く・・・・・「虫」達も日陰を選ぶのだろうか・・・・・
iPhone 12 mini                        神奈川県川崎市 Y
  1. 2022/07/23(土) 19:26:36|
  2. チョウ
  3. | コメント:0

ヨコジマナガハナアブ 栃木県

yjnha

【 ヨコジマナガハナアブ Temnostoma vespiforme 】
先日の 那須 での観撮から。
ひと目で、前々から見たいと思っていた、「スズメバチ擬態」の「アブ」だと分かった。
帰宅後、絵合わせをすると、[ キオビホオナガスズメバチ ] に擬態しているらしい。
しかも、「羽音」や「飛び方」まで真似ているそうで、「黒い前脚」は「触角」を真似ている。
「ゼフ撮り」の最中であったので、数枚スナップしただけだが後から思えば、もう少し観撮してもよかった。と感じた。
種小名 は、そのまま「スズメバチの姿」である。
[ 双翅目 ] は、非常に興味があるのだが、同定が出来ない種が多く「手」を
出しかねている。
「種」が分かれば、非常に面白いグループであると思われる。。。
OM SYSTEM OM-1 + M.ZUIKO 8mm FISHEYE PRO + FL-700WR
栃木県 那須町 「那須平成の森」
  1. 2022/07/22(金) 18:15:26|
  2. 双翅目
  3. | コメント:0
次のページ

Orchis。

Orchis。

Author:Orchis。
メクルメク虫撮りの世界へようこそ

カテゴリ

チョウ (321)
ガ (390)
膜翅目 (30)
鞘翅目 (91)
蟷螂目 (9)
竹節虫目 (2)
半翅目 (66)
未分類 (7)
双翅目 (15)
蜻蛉目 (15)
徒然なる事 (20)
ラン科 (17)
脈翅目 (5)
直翅目 (10)
クモ目 (1)
蜚蠊目 (1)
爬虫類 (4)
両生類 (1)
機材 (3)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

訪問者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR