ヨーロッパミヤマクワガタ 飼育

EMKG

ヨウヤクと言おうか、UHS-2 の SDカード を購入した。
保存スピードが速く、深度合成モードの書き込み時間が段違いで速くなった。
オソラク、キャプチャープロモーション や ハイレゾショット でも快適な撮影ができるだろう。

【 ヨーロッパミヤマクワガタ Lucanus cervus serves 】 である。
子供の頃、志賀昆虫普及社へ行った時に初めて 【 ヨーロッパミヤマクワガタ 】 を見た。
大中小、大きさの違う3♂♂と1♀のセットだったが、頭部の大きさと赤い大顎に感動した。
当時、標本少年だったので、「何時かどいつ箱に並べる」と誓ったものである。
時代は進み、外国産のクワガタ・カブトムシが飼育できる様になった。
勿論、【 ヨーロッパミヤマクワガタ 】 の飼育を始めた。
赤い大顎は大型個体になると薄れるが、大型個体は迫力がある。
この個体は、累代飼育個体の 87mm ある個体。

クワガタ・カブトムシは男子を魅了する生き物である。。。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO 深度合成モード    南フランス産 飼育

コメント

非公開コメント