ヒロバフユエダシャク  神奈川県

ヒロバ

【 ヒロバフユエダシャク Larerannis miracula 】
種小名はラテン語で「奇跡」の意。
ヒラヒラとサクラ類の幹に止まった個体をしばらく照らしていると、翅を広げた。
例年は2月に入ってから見るので、少々だが早いか。
この種が出てくると、フユシャクシーズンもいよいよ後半戦。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県横浜市 3p.

コメント

非公開コメント