フクラスズメ 神奈川県

フクラスズメ

【 フクラスズメ Arcte coerula
種小名は、ラテン語で「青い」を意味する。下翅の「青さ」に由来するものだろう。
大型の種で虫の少ないこの時期に見ると、異様である。。。
「スズメ」とつくが、[ スズメガ科 ] には含まれず、[ ヤガ科 ]。
丸くなったスズメに似ている事から 【 フクラスズメ 】 となったそうである。

少々、面白い写真の撮り方を思いついた(と、言っても昔から存在する手法なのかもしれないが・・・)。
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-2 に STF-8 を取り付けた M.ZUIKO 12mm F2.0 を装着する。
マニュアルモードで、露光時間を2秒程度までとし、STF-8 の発光量を 1/128sec. に設定。
で、樹にカメラを押し付けるように固定し、シャッター。
で、被写体はフラッシュの光で止まり、背景は長秒露光で光だけ写る・・・・・筈。
と、撮ってみたのがこの画像。
これ、別に STF-8 で無くともヨイのではないか???
難点は、M.ZUIKO 12mm F2.0 の撮影倍率の低さと最短撮影距離である。
住宅地の中に存在する「裏山」を表す事ができたであろうか。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO 12mm F2.0 + STF-8  神奈川県川崎市中部

コメント

非公開コメント