キバラモクメキリガ 神奈川県

キバラモクメ

【 キバラモクメキリガ Xylena formosa 】
種小名の「forumosa」は、台湾の旧称を示すが、ポルトガル語では、「美しい」の意味になる。
普通種ではあるが、比較的大型の存在感の大きな「蛾」である。
ソレニシテモ・・・・・「裏山」の [ ヤブツバキ ] はまだ咲かないし・・・・・[ サザンカ ] は終わりそうだし・・・・・
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8      神奈川県川崎市「裏山」

ヨスジノコメキリガ 神奈川県

ヨスジ

【 ヨスジノコメキリガ Eupsilia quadrilinea 】
種小名は「四つの線」の意。昨日の [ スギタニモンキリガ ] と共に、「裏山」最普通種である。
最普通種ではあるが、ナカナカに格好のヨイ種だと思う。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8   神奈川県川崎市「裏山」

スギタニモンキリガ 神奈川県

杉谷2

【 スギタニモンキリガ Sugitania lepida 】
冷たい雨。「裏山」を探したが、この1頭しか「虫」はいなかった。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8    神奈川県川崎市 「裏山」

クロテンフユシャク 神奈川県

クロテンPr.

【 クロテンフユシャク Inurois membranaria 
今シーズンは「ガ類」の出が悪い(遅い)様に感じていたが、例年と同じ様に出るものである。
[ ウスバフユシャク ] かと思ったが、♂の翅の隙間から見えた外横線の特徴から 【 クロテンフユシャク 】 であった。
また、[ ウスバフユシャク ] が ライト を当てるとスグに翅を下げてしまうのに対し、
【 クロテンフユシャク 】 は、翅を立てたままであった。
体が硬いので、このペアーから離れて撮る事ができず、ほぼ最短撮影距離での撮影となったが偶には良いかもしれない。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro +STF-8   神奈川県川崎市 i

ウスモンフユシャク 神奈川県

ウスモン

【 ウスモンフユシャク Inurois fumosa
I-Field の水銀灯が全て、LED に変えられてしまった・・・・・
まぁ、「水銀条約」等もあるし・・・・・時代には逆らえないものなのだろう。。。
が・・・・・[ ヤママユガ科 ] の種をはじめ、街灯で撮っていた「虫」をどうやって撮れば良いのだろう・・・・・。
そんな、LED でも少しは「虫」を呼ぶことが出来たのか・・・・・
【 ウスモンフユシャク 】 の♂個体が、街灯下の擬木柵に止まっていた。
私の行く Field では、此処でしか見られない種なので会えると嬉しくなる。

フユシャクは「手すり」があれば見つけやすくなる。
が・・・・・本当に街灯撮りしていた「虫」はどうすれば良いのだろう・・・・・。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8     神奈川県川崎市 i