カンタン 群馬県

カンタン
【 カンタン Oecanthus longicauda
昨日の画像から、忘れてはならないシーンを。
「ミズナラ」の実生木の葉裏で見つけた【 カンタン 】 は、♂の翅の下に♀が頭部を差し込んでた。
この行動・・・・・近似種が行っている写真を図鑑で見たので、比較的頻繁に行われる行動なのであろうと思う。
では、どの様な意味があるのか・・・・・
私には、鳴いている♂個体に引き寄せられた♀個体がディスプレーを受け入れた様にしか見えないのだが・・・
カンタンを見たのは、30年以上ぶり。しかも、居るわ居るわ・・・・・沢山の個体を見ることが出来た。
中には、「マツムシソウ」の花粉を食べているのであろう個体も見られた。
夜、訪れたらならば、風流な鳴き声が聞こえるのであろう。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR
群馬県 高崎市 榛名湖町

ツマグロヒョウモン 群馬県

ツマグロマツムシソウ

【 ツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius
「クジャクチョウ」を撮りたくなったので、ネットで一番近い見られる所を探した。
で・・・・・昼過ぎに着。ココは [ マツムシソウ Scabiosa japonica ] が見られるとの事。
木道を歩き始めると、スグに [ マツムシソウ ] が見られた。
この花を見るのは、20年ぶり位だろうか。「ハナアブの仲間」が集まっている。
この、[ マツムシソウ ] に [ クジャクチョウ ] が止まっていたら豪華ではないか。
そんなシチュエーションを求めて歩き出した。
結果・・・・・[ クジャクチョウ ] は、2頭見たが・・・・・ロスト・・・・・
しかしながら、「ヒョウモンチョウの仲間」が訪れる場面はいくらか撮る事ができた。
そんな中から、異色の組み合わせ(?)。
【 ツマグロヒョウモン 】 は北上種なので、此処では以前見られなかったシーンであろう。
[ マツムシソウ ] の 花 がソレと分かる様に。ソレでいて チョウ の種類もわかる様に・・・・・
ソンナ角度を探しているうちにロストする事数回。この辺が精一杯の写真か・・・・・
また訪れたい場所ではあるが、インターチェンジから遠く、道が分かり辛いのが難点ではある。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 300mm F4 PRO + FL-700WR
群馬県 高崎市 榛名湖町

ウスマエグロハネナガウンカ 神奈川県

ウス

【 ウスマエグロハネナガウンカ Zoraida albicans
早朝から虫撮り。
背の高さ程度の木を中心に、丹念に葉裏をチェックする。
「ムラサキシキブ」の葉裏に浮かび上がったのが、本種。
先日、[ マエグロハネナガウンカ ] を掲載したが、よく似ている同属の種。
違いが記載された モノ が見つからなかったので、あくまでも想像の域を出ないのが悔やまれるが、
[マエグロハネナガウンカ ] と思われる、前回の掲載種と
今回の 【 ウスマエグロハネナガウンカ 】 と思われる種の差異を記してみたい。
まず、何故「種」を特定したのか?
だが、以前「触角」の色が「黄色」であるのが 【 ウスマエグロハネナガウンカ 】 である。
との記述をかなり前に見た記憶があったので ソレ に従った。
その上で比べてみると、今回の種は「触角」が「黄色」い。前回の種は「黄色」の上に「黒い条線」が見られた。
「翅」の外縁黒条にも差異が見られた。
又、本種の「上翅」付け根、及び「小楯板」が「白い」。
この差異が、「種」による違いなのか「個体差」なのかは分からないが・・・前者である事を願う。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 深度合成モード  神奈川県川崎市 i 産 自宅撮影

ヤエヤママルバネクワガタ 石垣島産

ヤエマル
【 ヤエヤママルバネクワガタ Neolucanus insulicola insulicola
今年は3♂♂ が羽化した。その中で1地番大きなモノが 60mm を超えていた。
只、野生下では(珍しいにしても)67mm を超えてくる種であるので、もう少し頑張らねば。。。
白バックで撮影したが、触角をよく動かすのでシャッタースピードに困った。
又、木屑が体に付着していて拡大するとソレもヨクうつってしまっていたので、綿棒などで拭いた。
そういった下処理をして後、撮れた写真である。
何時かは、野生個体を撮影しに行きたいモノである。。。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO   沖縄県 石垣島 屋良部岳 産 F3

コミスジ 蛹 神奈川県産

コミ蛹

【 コミスジ Neptis sappho 】
8月29日に撮影した コミスジ の幼虫が蛹になった。
1cm程の小さな蛹である。羽化を撮れたらヨイと思う。
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅢ + M.ZUIKO 60mm Macro 深度合成モード